FOLLOW US

UPDATE|2022/01/16

美少女コスプレイヤー・本田夕歩、「自分が嫌い」だった過去を変えてくれたコスプレとの出会い

本田夕歩/撮影:coto



──軽率(笑)! フットワークが軽くなる、ということですね。その後もどんどんコスプレにのめり込んでいく?

本田 いえ。参加したりしなかったりと、波がありました。高校時代はコスプレ以外にもガツガツオタク活動……『うたの☆プリンスさまっ♪』の一十木音也くんの追っかけをしていて。出たグッズは全部揃える!という、バイトで稼いだお金は全身全霊オタ活に注ぐ日々を送っていたんですよ。もう「音也くんのお嫁さん」とか普通に言っていたレベル(笑)。逆にこうした生活を送っていたためか、コスプレと並行できなくなってきまして、ほぼやらなくなるようになってしまうんですよ。

──そのコスプレ熱が戻ってくるのはどのタイミングでした?

本田 大学1年生になり、もう少しお金の自由が出来てきたタイミングでコスプレも本格的に再開しはじめるんです。そこからイベントに参加しては福岡のレイヤーさんたちとより仲良くなって、みなさんと“あわせ”(※)をするようになって、楽しさのピークを迎えたんですよ。知り合いが知り合いを呼んで、数珠繋ぎでコスプレ友だちが増えていくのも本当に嬉しくて。みんなと何かできる。そのことがひたすら嬉しかったですね。

──改めて、何がそこまで本田さんをコスプレに熱中させたのでしょう?

本田 好きなキャラクターになりきる楽しさや、友だちと一緒に何かできる楽しさ、というのが大前提ですが、コスプレを通じて自分が変化していくことを実感する嬉しさがすごく大きかったですね。そもそも私は人前で笑顔を見せるのが元々苦手で、なんなら本当に自分が嫌いで。母からも「自分のことを好きにならないと、変れないし、可愛くなれない」と言われていたんですよ。その変わる力をくれたのがコスプレでした。好きなキャラになることで自信をもらえて。その自信が本来の自分にも返還できた結果、友だちと写真を撮ることも楽しくなりましたし、カメラ前で思いきり笑えるようにもなれました。本当にコスプレのおかげで、私という人間は全くの別人になったと言ってもいいぐらい。趣味であり、特別なものですね。

【後編はこちら】美少女コスプレイヤー・本田夕歩、初めてのグラビア誌面デビューは「恥ずかしさは全然ありませんでした」

▽本田夕歩
ぽんちゃんの愛称でコスプレイヤーとして活動。近年ではアパレルブランドとのコラボを果たすなど、モデルとしても活躍している。
Twitter:@pon_chan216

※“あわせ”とは
「条件を縛って複数人でコスプレすること」を指す。例えば『ラブライブサンシャイン!』で“あわせ”をするとなると、9人いるキャラを、9人で一人もキャラが被らずに全員でコスプレする、という感じ。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事