FOLLOW US

UPDATE|2022/01/16

美少女コスプレイヤー・本田夕歩、「自分が嫌い」だった過去を変えてくれたコスプレとの出会い

本田夕歩/撮影:coto



──元々写真を撮られることは好きでした?

本田 大嫌いでした。ずっと自分の笑顔が嫌いで、写真で見る自分の笑顔はもちろん、人前で笑うことも嫌で。友だちとプリクラを撮って遊びで加工しても、「本当に可愛くない顔だな……」と、眺めては憂鬱になっていたんですよ。

──その本田さんがなぜ、“他人に写真を撮られることを受け入れられたのでしょう?

本田 この時の撮影は自分の顔を確認することもなく、ただひたすら撮られるだけだったため「可愛い・可愛くない」を気にせずにいられて。その初めての感覚がなんか楽しかったんですよ。「あれ、写真に撮られても大丈夫だ」って。もちろんコスプレすること自体も楽しかったのですが、写真に撮られる行為がこんなに楽しいの? という、衝撃を受けたんですよ。

──そこから徐々にコスプレにのめり込んでいきました?

本田 そうですね。イベントで、関東から来られたカメラマンさんから「東京や大阪でもコスプレをやるイベントがあるんだよ」と教えてもらって。面白そう!と思い、高校2年の夏休みに初遠征したんですよ。それが名古屋で開催されている「世界コスプレサミット」で。

──地毛でのにこにーコスから、2回目で早くも遠征。しかも大きなイベント……ものすごいステップアップぶり!

本田 今思うとメチャクチャな進み方ですよね(笑)。けど、自分の中で「楽しそう!これはやってみた!」と思うと、割と軽率になんでも飛び込んでしまうタイプなんですよね。

AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事