FOLLOW US

UPDATE|2021/11/25

元バイトAKB同期・HKT48松岡はな✕スターダム上谷沙弥選手が奇跡の再会「当時は時給1000円で…」

HKT48松岡はな✕スターダム上谷沙弥選手 撮影/佐賀章広

HKT48のフロントメンバー松岡はなと、女子プロレス団体スターダム所属の上谷沙弥、という異色の対談が実現した。2人は実は元「バイトAKB」出身。2014年9月から2015年2月まで共に活動していたのだ。今回、6年9カ月ぶりの再会。それまで別々の道を歩んできた2人は、一体どんなトークを繰り広げるのか……。(前後編の前編)

【写真】元バイトAKBの同期、HKT48松岡はな&スターダム上谷沙弥選手

HKT48の人気メンバーでセンターの経験もある松岡はな。スターダム所属の女子プロレスラーで今年の『シンデレラトーナメント』の覇者、上谷沙弥。まったく接点がなさそうなふたりではあるが、実は意外なところで深い結びつきがあった。

それは『バイトAKB』出身、ということ。バイトAKBとは2014年9月から2015年2月まで展開されたプロジェクトでアイドルに憧れる女の子たちがメンバーや研究生ではないけれど、アルバイトとしてAKB48の活動のお手伝いをできる、というもの(とはいえバイトAKBになるには1万人を超える応募があったオーディションを勝ち抜く必要があったので相当な狭き門だった)。そのメンバーの中に松岡はなと上谷沙弥がいたのである。

バイトAKBは2015年2月28日に秋葉原のAKB48劇場で特別公演を開催し、それを最後にメンバーはバラバラに。松岡はなはその年の5月におこなわれた『第2回AKB48グループ・ドラフト会議』でHKT48・チームHから1巡目で指名され、そのままHKT48入り。翌年にはセンターに大抜擢されて話題を呼んだ。一方の上谷沙弥は今でこそトップレスラーとして認知されているが、ここに辿り着くまでには苦難の道のりを経験してきている。バイトAKB終了から6年9カ月。それぞれのステージで輝くふたりのヒロインが運命の再会を果たした。

上谷 あっ、はなちゃん!

松岡 久しぶり〜っ!

(ここからしばらくお互いに笑顔を浮かべ、飛び跳ねながらグルグル回転する、という不思議なアクションで喜びを表現しあった)

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事