FOLLOW US

UPDATE|2021/02/20

“元バイトAKB”プロレスラー上谷沙弥「ずっとアイドルになりたかった私がリングを選んだ理由」

上谷沙弥 写真提供・スターダム

女子プロレス・スターダムの10周年記念大会が、3月3日(水)に日本武道館で開催される。そこで、赤いベルトを持つ“ビッグダディの娘”林下詩美に挑戦を表明したレスラー上谷沙弥。幼少の頃からアイドルに憧れ、元バイトAKBという異例の肩書をもつ彼女が、なぜレスラーになったのか。そして、キャリア1年半でなぜベルトに挑戦したのか、話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】持ち前の身体能力を活かしてリングで華麗な空中殺法を魅せる上谷沙弥【12点】

3月3日、日本武道館でスターダムの10周年記念大会が開催される。女子プロレスが武道館に進出するのは、じつに24年ぶりのこと。つまり「令和初」にして「21世紀初」のメモリアルな1日となる。

その大会で「ビッグダディの娘」林下詩美がワールド・オブ・スターダム王座の防衛戦をおこなうのだが、チャレンジャーの上谷沙弥もまた異色の経歴の持ち主なのである。

上谷沙弥は元『バイトAKB』のメンバーだったのだ。

バイトAKBとは2014年9月から2015年2月まで、アルバイト求人サイトとのコラボ企画で展開されたもので、AKB48の正規メンバーではないが、この期間だけ時給1000円のバイト扱いではあるがAKB48の一員として活動できる、という企画。じっさい、AKB48 の人気メンバーと一緒にCM出演したり、AKB48のイベントでは前座としてパフォーマンスを披露したり、と結構、華やかな活動を繰り広げてきた。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事