FOLLOW US

UPDATE|2022/06/20

秋山竜次公認・日本一のロバート ストーカーが語る推し活の醍醐味「出待ち10秒での会話が勝負」

篠田直哉 撮影/西邑泰和

お笑いトリオ・ロバートの大ファンで、好きが高じて『ロバートの元ストーカーがテレビ局員になる。~メモ少年~』(東京ニュース通信社・6月25日発売)という本まで上梓した、テレビ局・メ~テレの篠田直哉ディレクター。小学生の頃にロバートのコント「トゥトゥトゥサークル」を観てロバートのファンになり、ライブでメモを取る姿を見たロバートが“メモ少年”と命名。ロバート・山本博とのSNS交流、秋山竜次の実家に押しかけバイトをするなど、本人自覚なしの健全な狂気の中、少年はいつしかメ~テレ(名古屋テレビ)の社員となり、ついに秋山と仕事をするまでに…。そんな“推し活”のシンデレラストーリーは、好きなことを突き詰めるという熱意が運を引き寄せた結果であり、人を無条件に推せるその気持ちが周囲の人の心も動かす、幸せのループが巡っているのかも。(前編後編の前編) 

【写真】ロバート好きが高じてテレビ局員になった篠田直哉

──ロバートの推し活歴15年。日本一のロバートファンを公認された篠田さんの歴史が一冊になりました。本を出版するというのは人生で想定外でしたか?

篠田 ただのファンが本を出すというのはあまり前例がないケースだと思うので、お話をいただいた時は驚きました。でも、ちゃんとロバートさんにも内容を見ていただいた上での公認本として出せるので嬉しいです。今までプライベートをあまり世に出していないロバートさんとのやりとりが少しは出せたかなという感じです。

──メ~テレのディレクターとして今や秋山さんと一緒に仕事もするなど、ある意味、推し活の成功者? とも思えますが、少年時代に親にロバート活動を認めてもらう上で心がけていたことは?

篠田 僕の親は、「テレビを1日1時間しか見ちゃダメ」という縛りはありましたが、お笑いがNGとかはありませんでした。小学生の夏休みに毎週ロバートさんの同じDVDを借りて4、5回それを繰り返していたら母親が「もう、買いなさい」って(笑)。そんなロバートネタを毎日見ている普通の子だったと思います。「いかにロバートの魅力を伝えられるか」と、クラスの友だちにはロバートのネタを完コピして、布教活動はしていましたけれども。

──気になります。ロバートの布教活動とは?

篠田 スマホがない中学生の終わりまでは、とにかく自分でネタを完コピして再現するしか方法はなかったですね。友だちに「トゥトゥトゥサークル」のリズムを一緒に喋って楽しんでもらいながら、「ロバートさんの面白さは、地上波でやっている『はねるのトびら』だけじゃなくて、一番大事にしてるコントが面白いんだよ!」って話していました。「ロバートのDVDを貸して」と言われたらまず一段階クリア、イベントやライブを観てくれるところまで持っていければロバートの面白さはそこで十分伝わるので、布教活動成功ということですね。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事