FOLLOW US

UPDATE|2022/01/20

4代目バチェラー・黄皓が 明かす“鋼”メンタルの理由「昔は自己肯定感が全然なかった」

黄皓 撮影/西邑泰和



――自分と合わないなと思う方へは、どうアプローチしていらっしゃったんですか。

黄 この旅に参加するのがどれだけ大変で、大切なものかというのは、以前参加者だったこともあってよく分かってるつもりでした。だから、女性たちに「合わないから、じゃあね!」ということだけはしたくなかったんです。なので、合わせる努力。簡単に言うとコミュニケーションの取り方ですよね。例えば、面白くいじったりする人もいれば、優しく「そうだね」と頷きながら話す方がいいタイプもいて。人によって意識的に接し方を少しずつ変えていた、というところですね。

――そういった人との接し方というのは、恋愛だけでなく仕事や友人関係でも変わらないスタンスですか。

黄 そうですね。自分はいくつか会社を経営していますけど、過去一度も社員が辞めるという経験をしていないんです。辞めさせたこともないですし。諦めるのは簡単。一番シンプルな手段だけど、それは逃げだと思うので。逃げずにどこまでできるかというのは、社員に対しても友だちに対しても同じ。恋愛でも、今回の『バチェラー・ジャパン』という場においては特にそうでしたね。

――社員が一度も辞めてない、というのはすごいですね。

黄 不満がたまらないことはないと思うんです。でも、その不満に対して普通だったら「嫌なら辞めたらいい」となるでしょうけど、自分は「何がいけなかった?どうしたら心地よくなる?自分ができることはなんだろう」と、綺麗事かもしれないですけど、まずは聞く努力をするようにしています。

以前、ずっとSNS上で僕への不満を書いている社員がいたんですよ。直接は言ってこないけど、僕もSNSを見ていて知っていたから、ちゃんと向き合おうと二人でご飯に行って不満を聞き出して。それに対してちゃんと説明をしたら、「理由が分かったから理解しました」と。そうやって向き合う努力を積み重ねてきた結果ですね。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事