FOLLOW US

UPDATE|2022/01/05

2021年グラビア界の超新星【3】桜井木穂、-10キロの減量で仕上がった股下86cmのパーフェクトボディ

撮影/松山勇樹

昨年、2021年もグラビア界には多くのニューヒロインが誕生した。中でも輝いていた3人をグラビアライター・とり氏にピックアップしてもらい、本人の話を交えつつ、その魅力に迫ってもらった。3人目は、マイナス10キロのダイエットで作り上げたパーフェクトボディで注目を集める北海道・オホーツク地方出身の桜井木穂。

【写真】股下86cmの美脚のパーフェクトボディ、桜井木穂の撮り下ろしカット【10点】

     *     *     *

桜井木穂のグラビアを見たとき、思いも寄らぬ熱風に圧倒された。鋭い視線。こだわりぬかれたボディメイク。そのグラビアが掲載された雑誌を持つ手には、僅かに汗が滲んでいた――。

今年、『週刊プレイボーイ』や『週刊ヤングマガジン』など、あらゆる雑誌のグラビアに登場し、北海道のオホーツク地方出身であることにちなんで名付けられた100cmの”豪雪バスト”を披露しては、たびたび話題を呼んだ桜井木穂だが、ここまでの道のりは決して平坦ではなかったようだ。

グラビアアイドルを目指して上京したはいいものの、しばらくは、アルバイトを掛け持ちしながら事務所探しをする日々が続いた。その後、2019年に撮影会デビューを果たし、2020年3月には待望の1stDVD『ミルキー・グラマー』をリリース。一見、順調な駆け出しかと思えたが、憧れの雑誌での撮り下ろしはなかなか決まらなかった。「何かを変えなくちゃ」。叶えに行くくらいの気概がなければ、夢は実らない。そこで桜井木穂が決行したのは、マイナス10キロのダイエットだった。

「最初、マネージャーさんには、ダイエットを反対されていました。『胸のサイズが落ちたらどうするんだ』って。それは私も心配していたんですけど、それよりも、ダイエットを頑張って、かわいくなって、自分に自信を持ちたかったんです。だから『痩せたら絶対もっとかわいくなるから』って何度も説得して、ようやくダイエットに踏み切れました。

運動も食事制限も苦手だったので、まずはダイエットマシンを買って、毎日続けることを目標に頑張りました。そしたら意外と続けるのが苦じゃなくて、だんだんと体型が変わっていくのを実感するようになったんですね。変化を実感すると、さらにやる気が湧いてきて……」
AUTHOR

とり


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事