FOLLOW US

UPDATE|2022/08/06

産後初のドラマ出演、夏菜が考えるジェンダーと多様性「考え方が凝り固まっていたと気づかされた」

夏菜 撮影/武田敏将

夏菜が出演する、土ドラ『個人差あります』(東海テレビ・フジテレビ系全国ネット)が8月6日(土)23:40よりスタートする。ある日夫が、女性になったら…!? そんな、突如性別が変わってしまう“異性化”に翻弄される夫婦の物語だ。新川優愛、白洲迅と共にトリプル主演を務める夏菜は、産後初のドラマ出演となる。子育てなどに多忙の中、「異性化して身体的性別だけ女性になってしまう」という難解な役柄にどう挑んだのか?

【写真】産後初のドラマ出演を果たした夏菜の撮り下ろしカット【12点】

──産後初のドラマ出演になりますが、お忙しい日々を送っているのではないでしょうか。

夏菜 子育てがあるので、自分のペースでは進められない毎日で、台本を読む時間が限られてくるんですよね。ドラマの現場自体、約1年ぶりだったので、いつも演技指導をしていただいている先生にお願いして、リハビリ的に個人レッスンをしてもらいました。でも、やっぱりセリフの覚えが悪い(笑)。というのも家にいると、「ミルクをあげなければいけない」「お風呂に入れなければいけない」と目の前で起きていることで頭の9割方が占められているんです。

──どうしてもお子さん中心の生活になりますからね。

夏菜 もうちょっと赤ちゃんのいる生活に慣れてきたらいいんでしょうけど、やっと慣れてきたのかなぐらいで活動を再開したからバタバタしていて。そういう意味では大変なんですけど、久々にお芝居と向き合ってみたら、めちゃめちゃ楽しくて。新鮮な日々を過ごしています。そんな風に感じたのは二十歳ぐらいの時以来で、心からお芝居が楽しいと思えていた時期に感覚が戻っているんです。以前、自分からお仕事を休んだ時期もあったんですけど、その時は復帰しても別に何も思わなくて。どうして今、そういう風に思えているのかは自分でも不思議なんですけど、毎日が楽しいです!

──産後3か月で復帰したそうですが、どうしてこのタイミングだったのでしょうか。

夏菜 ドラマや映画など、映像作品でお仕事に復帰したいというのが自分の中にあったのと、改めてちゃんと俳優をやりたいという気持ちがあったんです。「意味のある作品だったら出たい」とマネージャーさんには伝えていて、『個人差あります』は原作の漫画と台本を読んですごく面白かったので、まさにうってつけということで受けさせてもらいました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事