FOLLOW US

UPDATE|2022/05/26

グラビアからプロレスへ、ウナギ・サヤカが遅咲きでレスラーになった理由「踏み台にして有名に」

ウナギ・サヤカ 写真提供 スターダム

女子プロレス団体「スターダム」で活躍しているウナギ・サヤカ。かつては、ジュニアアスリートととして活躍し、さらに地元大阪でアイドルグループに所属。その後羽渚さやか、卯渚さやかという名でグラビア界にも進出した。そんな彼女が、20代後半というやや遅咲きでレスラーへと転向。東京女子プロレスに所属し、2020年にリングネームをウナギ・サヤカに改めてスターダムへと入団したのだ。色彩豊かななキャリアを経て、なぜレスラーへの道へと進んだのか。そして、『花の慶次』の戦国武将・前田慶次のように「私も傾奇者になりたい!」と宣言する彼女は、どんな未来を見据えているのか…。元週刊プロレスの記者、小島和宏が直撃した。(前中後編の前編)

【写真】グラビアからプロレスへ…レスラーとして覚醒したウナギ・サヤカ

ウナギ・サヤカとは不思議なプロレスラーである。

めちゃくちゃ強いわけではないが、どうにもならないぐらい弱いわけでもない。けっして若いわけではないけれど、キャリア的にはまだフレッシュ枠。そして、とにもかくにも、なんだか見ていて「ひっかかるものがある」のだ。

見る側にとって好き嫌いがものすごく分かれる選手ではあるが、嫌いだと思う人にも確実にひっかかっているわけで、これはプロとして間違っていない。なによりも普段、プロレスを見ない人を会場に連れていくと「なんか気になる」と言われる率が高いのがウナギ・サヤカなのである。

そもそも、どうして彼女は年齢的はかなり遅いタイミングでプロレスラーになろうと考えたのか?

「プロレスラーになろうと思ったんじゃなくて『プロレスやってみたら?』って薦められたんですよ。ただ、そのときは即答で『ない、ない!』って。私、それまで一度もプロレスを見たことがなかったので、女子プロレスといったらダンプ松本さんとかアジャ・コングさんみたいに体が大きい人が顔に絵を描いて闘っているイメージしかなかったので、それはできないな、と。そうしたら『いや、今の女子プロレスってこんな感じだよ』って、東京女子プロレスのポスターを見せられて。そこにはかわいい女の子がいっぱい写っていたわけですよ。それでもうすぐに『じゃあ、やる〜!』って(笑)」

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事