FOLLOW US

UPDATE|2022/04/29

SNSで美脚グラビアも話題に、有川紗雪「コスプレイヤーになる前は3年間幼稚園の先生でした」

有川紗雪 撮影/ゆっkey

「脚が本体のコスプレイヤー」のキャッチを掲げ、スラッと長く伸びた美脚で魅せる人気コスプレイヤーの有川紗雪。自慢の美脚の秘密から、初コスプレの痛い思い出、コスプレ愛、そしてこの先の夢についてなど、根掘り葉掘りうかがった。
(前中後編の中編)

【写真】SNSで話題を集める人気レイヤー・有川紗雪の私服撮り下ろしカット【6点】

──確か最初のコスプレは『ハイキュー!!』の潔子さんですよね。

紗雪 そうです。誰にも写真を撮られなかった伝説の潔子さんです。

──その話、方々でも語っていますが、そこまでの無風だったんですか?

紗雪 無風も無風。最初友だちから「コスプレすると撮影の列ができるから、列の切り方に気を付けるんだよ!」と言われ、「列の切り方!? 私にできるかな~、ちやほやされるかなあ~」ってワクワクドキドキしていたら、列なんかできやしない! そして友だちの方も見たらそっちも列ゼロ(笑)! 友だちに混ざって、「一緒に撮ろうよ~!」と撮っただけ。これが初コミケの洗礼か……と、呆然しました。

──それは中々ですね(笑)。

紗雪 今見返してもそこまでひどくはないと思うんです。確かにメイクがうまいわけでもなく、ウィッグもモシャモシャでしたが(苦笑)。それでも当時としては頑張っていた方で。なんで撮られなかったのか……2人ともジャージで地味だったからなのか。

AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事