FOLLOW US

UPDATE|2022/03/21

奇跡のスタイル・NMB48本郷柚巴が語るグラビア「自分がすることはないだろうと思っていた」

NMB48 本郷柚巴

今、各誌のグラビアを席巻しているアイドルがいる。NMB48本郷柚巴。グラビア解禁1年にしてその与えたインパクトは甚大。アイドル誌だけではなく、マンガ誌や週刊誌の表紙にも登場する彼女は一体どんなアイドルなのか。本人に話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】奇跡のスタイルでグラビア界を席巻中、NMB48本郷柚巴の撮り下ろしカット【5点】

――相変わらずグラビアが絶好調ですね。

本郷 ありがとうございます!

――去年春に解禁して以来、表紙はどれくらい飾りました?

本郷 全然追いついてなくて、数えてないですけど、10冊以上ですかね(笑)。

――編集者から感謝されませんか? 「出てもらうと売れるんだよ」みたいな。

本郷 『FLASH』さんで2回目の撮影をした時、「前回出てもらった号は今年で一番売れました」って言っていただきました(笑)。

――以前からグラビアには興味がありましたか?

本郷 まったくありませんでした。自分がすることはないだろうと思っていて、メンバーのグラビアページも恥ずかしくてあまり見ていませんでした。でも、他のメンバーが高校卒業のタイミングでグラビアを始めて、だんだんと自分もやろうかなという気持ちになっていたところで、マネージャーさんから「グラビアやってって言われたら、どうする?」と聞かれて、「お願いします」と答えました。

――では、初めての撮影では困りませんでした?

本郷 どんなポーズをしたらいいのかわからなかったです。カメラマンさんに教えてもらいながら、ひとつずつ知識を頭に入れていくしかなかったです。それで、初めてのグラビアの反響がめちゃくちゃ大きくて。それからいろんな雑誌に載せていただくようになりました。そうなると、ポーズの勉強をしないといけないなと思うようになって、グラビアアイドルさんが載っている雑誌を見るようになりました。

――たとえば?

本郷 私はたぬき顔とよく言われるので、顔が同じ系統の大原優乃さんのグラビアを見て、勉強しました。

――好きな見せ方や水着はありますか?

本郷 肩紐がない、チューブの水着が好きです! チューブの水着を見ると、テンションが上がります。見せ方でいうと、足をどうやったら長く見せられるかっていつも考えています。背伸びをして撮っていただくといいんだって、メンバーの上西怜ちゃんと一緒に撮影をして学びました。
(後編に続く)

▽本郷柚巴
2003年1月12日生まれ、大阪府出身。NMB48チームM所属。趣味は料理、音楽を聴くこと。今後の目標は「グループの顔になること。もうひとつは十代のうちに写真集を出すこと! そうすれば、もっともっと外のファンの方を引っ張ってこられると思うので。とにかくNMB48のファンを増やしたいんです!」

【後編はこちら】NMB48本郷柚巴に聞くグラビア「制服の下に水着を着て、そのままプールに飛び込んでみたい」
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事