FOLLOW US

UPDATE|2022/03/21

強烈なインパクトで各誌グラビアを席巻、NMB48本郷柚巴「一度は埋もれかけた6年、苦労人の素顔」

NMB48 本郷柚巴

今、各誌のグラビアを席巻しているアイドルがいる。NMB48本郷柚巴。グラビア解禁1年にしてその与えたインパクトは甚大。アイドル誌だけではなく、マンガ誌や週刊誌の表紙にも登場する彼女は一体どんなアイドルなのか。結成初期からNMB48を取材するライターが教える「初めての人のための本郷柚巴入門」。本人のインタビューもあります。

【写真】奇跡のスタイルでグラビア界を席巻中、NMB48本郷柚巴の撮り下ろしカット【5点】

     *     *     *

 2021年春、グラビアの世界に新星が現われた。本郷柚巴だ。

 大阪を拠点とするアイドルグループ・NMB48のメンバーである彼女は、グラビアを解禁すると、あっという間に各誌から声がかかるようになり、表紙を席巻している。昨年のグラビア業界の新人王だ。

 愛くるしい表情に心がくすぐられ、157.4㎝の身長には安心感を覚える。けらけらとよく笑い、日常の嫌なことを忘れさせてくれる。もちろんプロポーションも完璧だ。グラビアアイドルに必要なものをすべて持っている。

 彼女がNMB48に加入したのは2015年のこと。グラビアを解禁する6年も前のことだった。この時はまだ12歳。

 当時のNMB48には圧倒的な存在だった山本彩がいた。渡辺美優紀もいた。1期生は人気も知名度もすさまじいものがあり、一介の新人が太刀打ちできるレベルにはなかった。先輩にはすでにファンがついている。新しいもの好きのファンもいるにはいるが、振り向いてもらうだけの力を12歳の少女が持ち合わせているはずもなかった。

 こうして彼女は、厚い層を誇るグループの馬群に沈んでいった。

 自分を見てもらいたい。そう思って、もがいた。

本郷「グループって、とにかく上に行かないとファンの方に見てもらえないんです。自分に光が当たるようになるために、いろいろやってみたんですけどね」

 小説に挑戦したこともあった。ギターの弾き語り動画を上げてもみた。しかし、固定のファンにしか届かなかった。自分だけの武器が見つからなかった。

 もがくことに疲れた。選抜メンバーにも入れない。それどころか、後輩は自分より先に選抜入りしていた。辞めようと思ったことは一度や二度ではなかった。

本郷「いつもは親に相談してきました。親に相談せず、いきなりマネージャーさんに『卒業しようと思ってます』とメールを送ったこともあります」

 ここでマネージャーは引き留めた。いま思えば、MVP級の仕事ぶりだ。

本郷「『卒業するにはまだ若い。これからチャンスが回ってくるかもしれない。もうちょっとだけ一緒に頑張ろう』。マネージャーさんはそう言ってくれました。私はその言葉を信じてきました」
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事