FOLLOW US

UPDATE|2022/03/08

NMB48小嶋花梨が語る異色YouTube、批判されても新たな挑戦を「他のグループとも積極的に絡みたい」

NMB48キャプテンの小嶋花梨

NMB48のキャプテン・小嶋花梨が今年1月に開設したYouTubeチャンネルが面白い。現役アイドルの公式チャンネルながら、「スタッフとの向き合い方」「自己プロデュース論」「グループで活動するメリットとデメリット」など、アイドル論を真っ向から語り、メンバーとの対談ではこれまで語られてこなかった本音を引き出し、お互いに泣き出してしまうことも。

【写真】笑顔でインタビューにこたえるNMB48 小嶋花梨【4点】

いずれも見応えがある動画となっているが、アイドルの公式チャンネルとしてはこれまでほとんどなかったコンテンツだけに賛否両論を巻き起こしているのもまた事実。本人は当然、始める前から批判的な意見が出るであろうことは予想もしていたという。では、なぜそこまでして彼女はYouTubeに取り組んでいるのか。本人に聞いた。(前後編の後編)

【前編はこちらから】NMB48小嶋花梨が語る異色YouTube開設の理由「メンバーの本音を伝えることで信用を取り戻したい」

──動画には2本の柱がありますね。「メンバーとの対談」と「8期生への講義」がそれです。

小嶋 対談に関しては、いま自分が話してみたいメンバーを呼ぶようにしています。大事なのは、1時間ぐらいカメラを回しているんですけど、それには話せるだけの材料が必要ですよね。だから、いますごく頑張っている子、このタイミングで話を聞きたい子、本音を聞いてみたい子……。そういう子から呼ぶようにしています。

 たとえば、出口結菜の場合は、表では話せなかったことを聞こうと決めていました。そのためには何から話せばいいのかなって、すっごく考えました。でも、彼女なら大丈夫だろうという信頼がありますから。「私はあなたに興味があります」という姿勢を伝えると、しゃべってくれるものですね。

 (渋谷)凪咲さんとの対談では、2人とも泣いてしまいました(笑)。凪咲さんとはグループについて一番しゃべってきた関係ですし、自分の考えを一番理解してくれる先輩なので。いつも2人で話していることがそのまま動画になりました。

──ファンの人からリクエストはないですか?

小嶋 あります。「私の推しの○○ちゃんと話してください!」という声をいただくことも多いんですけど、それってこのYouTubeのことをプラスなものとして捉えてくれているということですから、とても嬉しいことだと思います。

 でも、自分的にはその子にとってベストタイミングがやって来てからが良いと思っているんですね。そのほうが結果的にはプラスに働くと思うので。

──「8期生への講義」については?

小嶋 8期生は入ったばかりなので、私が話したことを今は理解できないかもしれません。でも、それでいいと思っています。YouTubeのいいところは見返せるところですから、何年後かにふと見返して、気づきのきっかけになればいいんです。私も「この考えがすべてではない」と伝えながら話していますし、何人かが変わってくれればいいなという気持ちでやっています。

 8期生以外のメンバーからも反応があって、塩月希依音ちゃんや中野美来ちゃんからは「見てます!」と言ってもらえました。

──講義はしばらく続きそうですか?

小嶋 いや、そろそろ終わります。話すネタが尽きてきました(笑)。私自身にアイドルとして輝かしい功績があればいいですけど、そうじゃないから説得力に欠けるなとも思っていて。自分が話せることはキャプテンとして感じたこと、6年間アイドルをやってきて得たこと。この2つなんですね。そんな私の言葉でも誰かに届いたらいいなという願いはあります。
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事