FOLLOW US

UPDATE|2022/02/19

声優・斉藤朱夏、2nd写真集 沖縄でのプール撮影の裏側明かす「ずっと凍えながら入っていました」

撮影/山田健史

声優の斉藤朱夏が19日(土)、都内で開催された「斉藤朱夏 2nd写真集 朱夏休み」発売記念イベントに出席。ファンから寄せられた“親御さんみたいな目線”に「成長して良かった」と語った。

【写真】斉藤朱夏2nd写真集より公開された素肌感あふれる先行カット【12点】

「どんな私も好きでいたい」をテーマに、10月末の沖縄で撮影されたという同書。1st写真集からは約3年半ぶりの写真集となり、斉藤の魅力的な笑顔や飾らない自然体の姿、少し大人な雰囲気の表情や佇まいなど、25歳となった彼女の魅力を存分に感じられる内容となっている。

「無事に発売することができまして本当にホッとしております」と心境を口にする斉藤は、鮮やかな赤のドレス姿で登場。「『大人っぽい表情があるなかにもちょっとふざけた朱夏ちゃんがいて笑っちゃいました』という感想もいただけて、うれしかったです」とファンイベントで寄せられたという感想に笑顔を見せた。

ファンからの反響はSNSにも寄せられ「『あの無邪気な朱夏ちゃんがこんな大人っぽい表情をされて...』みたいな。もはやファンの方々が親御さんみたいな目線」と苦笑。「成長して良かったなと思いながら、うれしかったです」としみじみと頬を緩ませた。

タイトルの由来を尋ねられると「お気付きかとは思うんですけど、“朱夏”と“夏休み”をかけておりまして」と説明。「冬の2月に発売したんですが、この一冊を通して皆さんと、冬だけど夏休みを楽しめたらいいな」と微笑んだ。

また、学生時代の夏休みは「小さい時からアーティストになることが夢だったので、ひたすらオーディションにかけていました」と明かす。斉藤は今回の撮影を「学生時代はオーディションとかでたくさん友達と遊ぶのも制限したりしていたんですが、ここに来て『やっと私の夏休みがきたな』とすごく思っています」とうれしそうに振り返っていた。

中でも印象的だった出来事は、という質問には「水の中に入ることが多かったので、(撮影した)10月末でも沖縄ってまだ暖かいのかなとちょっと思っていたんですけど、なんと寒い」と肌寒い沖縄で水に入った苦労を報告。

続けて「ずっと凍えながら水の中に入っているっていう(笑)。でもその(凍えている表情の)カットは全然ないので、すべて笑顔でプールの中に入っている。『沖縄もやっぱり寒いんだ』と思いながら入っていました」と笑顔で写った写真の裏に隠された思いを明かしていた。

【あわせて読む】声優・斉藤朱夏が語るこれから「25歳から先の私は、より自分を愛してあげられる私でいたい」

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事