FOLLOW US

UPDATE|2021/08/16

声優・斉藤朱夏が語るこれから「25歳から先の私は、より自分を愛してあげられる私でいたい」

撮影/荻原大志

2015年に『ラブライブ!サンシャイン!!』のオーディションに合格し声優としてデビューした斉藤朱夏。その後、Aqoursのメンバーとして紅白にも出場。2018年に発売した写真集はオリコン週間ランキングで1位を獲得し、2019年にはソロ歌手としてメジャーデビューも果たした。オーディション時は高校を卒業したばかり。それから走り続けてきた彼女も8月16日に25歳の誕生日を迎える。「もっと大人になっていると思っていた」そう笑って話す彼女に、これまでの活動を振り返ってもらった。(前中後編の後編)

【写真】グラビアでも大活躍、斉藤朱夏の撮り下ろしカット【9点】

【前編はこちらから】斉藤朱夏「ミニモニ。に憧れて…歌って踊るのが好きな少女が声優になってから」
【中編はこちらから】声優・斉藤朱夏が語る25歳の想い「楽しかったことや辛い日々、その全部があって今の私」

――2017年に「週刊ヤングジャンプ」で巻頭を飾るなどのグラビア活動や、今年4月には約一月に渡り「ズムサタ」(日テレ系)のお天気キャスターを担当されるなど、近年は声優・アーティスト以外での活躍の場面が増えていますね。

斉藤 嬉しいですね。幼い時は、写真に撮られるのが苦手で、カメラを向けられると、ついつい世の中に出せないレベルの変顔をしてしまっていましたから(笑)。けれど、こうして撮影や収録のお仕事をいただくたびに、自分の良い映り方がなんとなく見えてきて。それが結果的にライブパフォーマンスにも良い影響を与えるようになったんですよ。

――映りを気にすることで、良い魅せ方も心得てきた。

斉藤 はい。「この角度は映りが良いかも」というのをメチャクチャ研究しています。そもそも変顔ばかりしてきたので、“可愛く写る・映る”という概念がわからなかったんです。とにかくアイドルさんの動画を見て、「斉藤朱夏としてどう見られたいか?」と研究するようになり、今ようやく撮られることにやっと慣れてきました。

――フォトジェニック度は確かに、日毎に増してきていますよね。

斉藤 ただ、慣れてきたら慣れてきたで、その魅せ方を維持するのが大変でして(笑)。もう、アイドルさん、グラビアアイドルさんへのリスペクトが増すばかり。本当にプロ!! 今私はマルチに活動しているので、その道一つを極めている人に失礼がないようにしないといけないんです。声優に求められていることが声のお仕事だけではなくなってきたからこそ、もっと外見磨きも内面磨きも貪欲に頑張らないといけません。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事