FOLLOW US

UPDATE|2021/12/18

プロレス大賞新人賞受賞・SKE48荒井優希が語る「私がレスラーになった理由」

SKE48・荒井優希 撮影/松山勇樹

東京女子プロレスに継続参戦しているSKE48の荒井優希がマット界で存在感を高めている。当初は「タレントの腰掛けでは?」と懐疑的な声もあったが、「プロレスの沼にハマった」と本人が語るように今や団体にとっても欠かせない存在に。その真摯な姿勢が評価され、プロレス大賞の新人賞にも選ばれた。12月18日の名古屋大会では師匠である山下実優とのシングルマッチを迎えるうえ、SKE48のメンバーとしてもライブパフォーマンスを予定。“リアル二刀流”の躍進劇から目が離せそうもない(前後編の前編)。

【写真】プロレス大賞新人賞受賞・SKE48荒井優希のコスチューム姿

──荒井さんは「豆腐プロレス」(※2017年のテレビ朝日系ドラマ。派生イベントとして実際のプロレス興行も行い、そこに荒井は出場した)きっかけでリングに上がることになりました。それまでプロレスに興味もなかったそうですが、ジャイアント馬場やアントニオ猪木くらいは知っていました?

荒井 猪木さんって赤いタオルのビンタする方ですよね? プロレスをやっていた人だと知ったのも最近です。それくらいプロレスには疎かったんです。そもそも豆腐プロレスをやること自体も「アイドルなのに殴る・蹴るって大丈夫なの?」と少し心配していたくらいですから。「アイドルは笑顔だけを見せるもの」という考えだったもので。

──でも、自分の意志で「やりたい」と立候補したわけですよね?

荒井 時間があったんです、単純に。当時は選抜とかにも入れていなかったですし、SKE48の中から何人か出てほしいという話になっていたので、私もとりあえず応募してみたんです。「これでひと花咲かせる」とか「アイドルとして個性を確立したい」みたいな野望は何ひとつなかったんですよね。

──やけにノリが軽いですね(笑)。

荒井 でも、本当に何も考えていなかったんです。それでオーディションに行ってみたら、めっちや運動神経がいいメンバーが20人くらい集まっていまして。私は倒立もできなかったしブリッジも全然できなくて、「あ~あ、終わったな~」みたいな感じ。ところがなぜか「受かりました」というメールが来て、やることになりまして。なんで受かったのかは、いまだに謎ですが。

AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事