FOLLOW US

UPDATE|2021/12/09

AKB48が16周年記念公演を開催、約5年ぶりのオーディション開催を発表【写真21点】

AKB48が8日(水)、劇場オープン16周年を迎え「AKB48劇場16周年特別記念公演」を開催した。AKB48劇場の象徴とも言える劇場内の二本柱には 16 本目のテープが貼られ、久々となる大人数での熱いステージを繰り広げ、さらに、4年ぶりとなる組閣と、来年2月に東京ガーデンシアターで行う「AKB48 新春コンサート(仮)」、そして約5年ぶりとなる「AKB48 17期オーディション」の開催を発表した。

【写真】AKB48 16周年記念特別公演の模様【21点】

昨年は新型コロナウイルスの影響で急遽中止となり、メンバーのリモート出演による配信形式のトークイベントとなった周年特別記念公演。今年は例年通り、劇場にメンバーが大集結。出演メンバーの上限を特別に解除し、2020 年2月以来、約1年10ヶ月ぶりに13名以上のメンバーがステージに立った。

新曲「根も葉も Rumor」で幕を開けた特別記念公演は、選抜メンバー18名の気迫に満ちたパフォーマンスで、場内はオープニングから熱気に包まれた。センターを務める岡田奈々が「『根も葉も Rumor』を披露させていただきました。この劇場のステージで、メンバー18人でフルサイズを披露できる日が来るとは思わなかったです。私たちの気迫、伝わりましたか?」と息をきらせながら挨拶。村山彩希は「今日、昨年貼ることができなかった柱のテープを二本貼らせていただきました」と無事に柱のテープが16本になったことを報告した。

その後、チームA「Pioneer」「BINGO!」から始まり、チームK・B・4・8と、各チーム順に登場。息のあったパフォーマンスを披露。チーム8の本田仁美は、久々となる兼任先のチームBのステージに立ち、柏木由紀から「ひぃちゃん、そう言えばチーム B だったよね?」と突っ込まれる一幕も。

チーム8の「西高東低」、Second Generationの「大騒ぎ天国」、First Generationの「ブラックジャガー」と、「根も葉も Rumor」カップリング曲をフルサイズで披露。AKB48の原点「桜の花びらたち」を含む全15曲のセットリストで、2021年のAKB48単独での活動を経て、グループの団結力・深い絆を感じさせる力強い公演となった。

終盤では、4年ぶりとなるAKB48のチーム組閣のサプライズ発表も行われた。組閣の発表は、今月グループを卒業する大家志津香が担当。新たなチームキャプテンも発表された。

新チームAキャプテンに任命されたのは、現AKB48グループ総監督と兼任となる向井地美音。新チームKキャプテンには田口愛佳。新チームBには浅井七海。新チーム4キャプテンには倉野尾成美が任命され、向井地は「AKB48 グループ総監督になる時にキャプテン経験がないのがコンプレックスだったので、ここでまた新たな経験をさせてもらえるのは嬉しいですし楽しみです!」と挨拶。

田口は「不安です〜(涙)まさか自分がキャプテンになるとは思ってなくて…、でもチームKってことでチームK魂をちゃんと引き継げるように、みなさんから教えてもらって頑張りたいと思います」とコメント。浅井は「すごいびっくりして、実感が湧かない感じです。これまではチーム4の村山彩希さんの背中を見てきたので、彩希さんの元で学んだことを発揮したいです!」と挨拶。しっかり者と横山由依に紹介された倉野尾は、終始呆然とした表情だったがコメントを求められると「チーム4のポーズを練習しておきます!」と笑顔で語った。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事