FOLLOW US

UPDATE|2021/11/28

AKB48 横山由依が卒業コンサート、大島優子・北原里英・指原莉乃との「Not yet」が⼀夜限りの復活

『MXまつり「横山由依卒業コンサート〜深夜バスに乗って〜」supported by 17LIVE』 (C)AKB48

AKB48の横山由依の卒業コンサート「MX まつり 横山由依卒業コンサート 〜深夜バスに乗って〜 supported by 17LIVE」が11月27日(土)パシフィコ横浜にて開催された。

【写真】大島優子・北原里英・指原莉乃も登場、横山由依卒業コンサートの模様【20点】

2009年にAKB48 9期生として加入し、翌2010年に9期生の中でいち早く正規メンバーに昇格。ユニット『Not yet』としての活動(2011年〜)や、NMB48 との兼任(2012〜2013年)、チームAキャプテンへの就任(2013年)チーム Kキャプテンへの就任(2014年)など、48グループの中心的存在として活動を続け、2015年12月には高橋みなみからのバトンを受け継ぎ、2019年3月まで2代目AKB48グループ総監督を務めた横山由依。

今年9月12日に行われた「MX夏まつり AKB48 2021年 最後のサマーパーティー!」で卒業を発表。AKB48グループを心から愛し、精力的に、そして献身的にグループを支え続けてきた彼女のアイドル人生の集大成を飾る卒業コンサート。サブタイトル『深夜バスに乗って』は、16歳だった横山がAKB48のオーディションに合格し、京都から東京まで深夜バスでレッスンに通っていた “アイドル横山由依” という原点と、ここからまた新たなステージへと踏み出していく今の本人を重ね合わせて付けられたタイトルだ。

今回のコンサートでは、実際に横山が京都から会場であるパシフィコ横浜まで深夜バスで移動しながら12年間のAKB48人生をテーマごとに振り返り、当時を回想する姿を映像で紹介。セットリストも横山自身が手掛け、思い入れの深い楽曲を披露した。

会場に集まった4,500人のファンとライブ配信アプリ「17LIVE」の視聴者に見守られる中、京都から深夜バスに乗り込み会場へと向かう横山の映像で幕を開けたコンサートは、本人のアカペラによる「少女たちよ」でスタート。向井地美音・岡部麟・小栗有以・本田仁美・山内瑞葵らメンバー20名で「ゼロサム太陽」「ALIVE」など続けてパフォーマンスし、話題の最新曲「根も葉もRumor」を岡田奈々・柏木由紀ら選抜メンバーと披露。序盤から気合の入った熱いパフォーマンスで会場を盛り上げた。

AKB48選抜総選挙のテーマでは「最初の総選挙はプレッシャーがすごかった」と回顧し、総選挙初ランクインの映像を観ながら「(この時の自分が)かわいそう。辛かったんだな。こんなになるくらい思い詰めてたんだな、乗り越えられてよかったなって思います」と吐露。当時の自分に言葉をかけるとしたら「そのままでいいよ。そのまま目の前のことをやっていったら楽しく笑える未来が来るよ!と教えてあげたい」と語り、AKB48選抜総選挙で選抜に初ランクインした「フライングゲット」(2011年 第3回AKB48選抜総選挙 選抜楽曲)から「センチメンタルトレイン」(2018年 第10回AKB48選抜総選挙 選抜楽曲)までの総選挙のシングル曲8曲を次々と披露した。
AKB48


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事