FOLLOW US

UPDATE|2022/01/13

『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督が語るコロナ禍で映画を撮る難しさ

上田慎一郎監督 撮影/松山勇樹

2018年に公開し、興行収入31億円を叩き出した『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の最新作『ポプラン』が、1月14日に公開される。「ある朝突然、男性の“アレ”(ポプラン)がなくなってしまったら…」という奇想天外なストーリーで、パニック、自分探しのロードムービー、人間ドラマ…と様々な要素が詰まった唯一無二のエンターテイメント作品に仕上がっている。今回、上田監督に構想10年の『ポプラン』が上映に至るまでの苦労を聞いた。(前後編の後編)

【前編はこちら】『カメ止め』上田慎一郎監督が構想10年“異色”の最新作を語る「今までにない映画を作りたい」

【写真】最新作は奇想天外のエンタメ作品、上田慎一郎監督

――初めて映画実験レーベル「Cinema Lab」(※「自由に映画を創る」というスローガンのもと、本広克行、押井守、小中和哉、上田慎一郎と4名の映画監督が設立)のお話があったときは、どう思いましたか?

上田 素直に「いいじゃん」って思いました。Cinema Labのお話自体は『カメ止め』公開前からあったんです。その時点では、そこまで具体化はされていなかったんですけど、「こういうレーベルを作る」というのを本広さんに聞いて。最初はこのレーベルで『カメ止め2』を作ろうというお話だったんです。

――そうだったんですね!

上田 その時点で『カメ止め』は、イベント上映はしていたんですけど、本公開はまだという時期でした。それで本広さんから、「『カメ止め』は面白いけど、多くの人に知られないで終わっていく可能性もあるから、『カメ止め2』を作ってみるのはどう?」みたいに提案をいただいたんです。ところが『カメ止め』が大ヒットしたので、続編を映画実験レーベルでやるのはおかしいと(笑)。それで違う企画をということで『ポプラン』を出しました。

――『ポプラン』は実験的な要素もありつつ、誰もが楽しめるエンタメ作品になっていますよね。

上田 そう言っていただけると嬉しいですね。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事