FOLLOW US

UPDATE|2021/08/20

西島秀俊×鬼才監督・濱口竜介が語る、カンヌ席巻『ドライブ・マイ・カー』が3時間の長尺でも“短い”ワケ

濱口竜介×西島秀俊 撮影/西邑泰和

先頃開催された2年ぶりのカンヌ国際映画祭で、日本映画初の脚本賞をはじめ“4冠”に輝いた、話題作『ドライブ・マイ・カー』(8月20日公開)。本作が初タッグとなる濱口竜介監督と主演の西島秀俊に、新たな傑作誕生に至る、その舞台裏を聞いた。

【写真】『ドライブ・マイ・カー』がカンヌ4冠・西島秀俊×鬼才監督・濱口竜介

――村上春樹さんの淡々とした語り口の短編集が原作で、上映時間は実に2時間59分。そう聞くと、観る側にもそれなりの気合が必要と言うか、商業映画としてはなかなかにチャレンジングな作品だな、というのが第一印象でした。

濱口 そうですよね。昔に比べて集中して映画を観られなくなっているというのは、僕自身の実感としてもあるので、上映時間に思わずひるんでしまう、という気持ちはすごくよくわかります。ただ、映画館で映画を観るという体験においては、この約3時間という尺が長すぎるかと言ったら、必ずしもそうじゃない。(クエンティン・)タランティーノの作品あたりもそうですけど、実際に観てみたら、長さを感じない濃密な時間というのは、やっぱりあるし、そういうものを目指しています。

――確かに、作品を拝見するとまさに“濃密”という言葉がしっくり来ました。巷では“ファスト映画”なども社会問題となっていますが、あらためて、映画体験って本来こういうものだな、と。

濱口 実作業をするこちらとしても、出来上がったものが3時間になったときは「なんてことだ!」と、やっぱり青ざめるわけですよ。でもこの作品に関しては、プロデューサーの定井(勇二)さんが「これ以上、切る必要はない」と腹をくくってくれた。いちばんリスクを負っている人から、確信をもって「この映画はこの時間で、商品としても勝負できる」と判断してもらえたというのは、僕としてもすごく自信にはなりました。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事