FOLLOW US

UPDATE|2021/12/24

HKT48村重杏奈が卒業を決めた理由「タレントとして、帰る場所があるという甘えを断ち切らないと」

HKT48「HKT48劇場 10周年記念特別公演」(C)Mercury

HKT48の1期生・村重杏奈が2021年12月27日の公演をもって、卒業する。今年、HKT48の歴史とともに10周年を迎えた彼女は、最後の日を前にどんな想いでいるのだろうか? 「自分自身に区切りをつけた」という彼女の本音を聞いた(前後編の前編)。

【写真】HKT48「HKT48劇場 10周年記念特別公演」の様子

「もともと(宮脇)咲良が韓国に行く、となったときに、さしさん(指原莉乃)から『咲良が帰ってくるまでHKT48は頼んだよ』と言われていたので、それまでは絶対に卒業しないって決めていたんですよ。そして、今年の5月に咲良が帰ってきて、卒業公演を見送ったことで私もケジメがついた感じですね。

ただ、咲良を見送ったから、という理由ではないんですよ。自分の中で『いま、ひとりにならなくちゃダメだ』って。いまツインプラネットに所属させていただいて、タレントとしても活動しているんですけど、心のどこかに『私にはHKT48という居場所がある』という甘えがあって、本当に居心地がいいから、このままだとダラダラ居続けちゃうなって。だから自分自身に“区切り”をつけるために卒業を決めたんです」

とはいえ、2021年に入ってから卒業する気持ちを固めたわけではない。メンバーの運上弘菜は「1年前の9周年記念公演のあと、村重さんに『もっとMCをちゃんとやろう!』と怒られたんですよ。今になって思えば、あのころからもう卒業のことを考えていたのでは?」と振り返る。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事