FOLLOW US

UPDATE|2021/09/10

"綺麗なお姉さん系コスプレイヤー"JILL、高校時代はロリィタに…再びコスプレに戻ってきたワケ

JILL 撮影/coto

「綺麗なお姉さん系コスプレイヤー」として人気を博すコスプレイヤーのJILL。コスプレイヤーとしての活動はもちろん、その衣装・プロップスを制作、自らの写真集の編集をこなし、近年はアパレルブランド「CHORD」の洋服デザインや老舗メイド服ブランド「CANDY FRUIT」とコラボしたメイド服のデザインの担当、撮影会のプロデュースをこなすなど、多彩な才能を輝かせている。その多彩な才能の裏側から、コスプレを始めたキッカケなど、謎に包まれたJILLの素顔に迫っていく。
(前中後編の中編)

【写真】上品な雰囲気を漂わせるJILLの"美麗"撮り下ろしショット

──コスプレをする上で第一歩にして大きな壁、衣装の用意。中学生ですと、高価な既製品を買うのは難しかったと思いますが、どのように準備を?

JILL とにかく母にメチャクチャにごねまくって、ミシンを買ってもらいました(笑)。

──まさかの初コスプレがミシンスタート!!

JILL この頃、既製品が売っているとは思ってもいなかったので(笑)。裁縫は家庭科レベルでしたが、とにかく自分で作ってみよう!と、図書館で型紙の本を借り、しまむらで改造しやすそうな激安の服を買ってきて、とにかく見様見真似で衣装作りをやりました。

──初参加したイベントは、JILLさんがコスプレに出会った「TOKYO GAME SHOW」。反応はどうでした?

JILL これが、初回から囲みになってビックリしました。

──中学生2年生への囲み……すごいことですが、メチャクチャ危ない!

JILL 今考えたら危ないですよね(苦笑)。とはいえ初コスプレは楽しかった。コスプレしているキレイな方々と一緒に私も混ざっているのが、なんか心地よかったんですよね。友だちと一緒に行ったので、お互いに写真を撮り合い、それを携帯のブログに乗せ合って、友だち同士で秘密の楽しみを共有しあっていたのも、楽しさにつながりましたね。

AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事