FOLLOW US

UPDATE|2021/08/23

乃木坂46・大園桃子のラストライブが福岡で開催、涙で挨拶「この5年間は本当に宝物」

乃木坂46・大園桃子

乃木坂46が8月22日(日)に「真夏の全国ツアー2021」福岡公演2日目をマリンメッセ福岡にて開催した。前日に続き生配信された当公演。グループに約5年間在籍して卒業を発表した3期生メンバー、大園桃子にとってのラストライブになり、盛大に盛り上がった。

【写真】乃木坂46・大園桃子にとってのラストライブ【7点】

12thシングル『太陽ノック』で幕を開け、『ロマンティックいか焼き』『裸足でSummer』など、アッパーな曲を立て続けに披露、スタートから盛り上がりを見せた福岡公演2日目。中でも6曲目に披露されたのは、乃木坂46グループ結成10周年記念として、総合プロデューサーの秋元康氏が書き下ろしたばかりの新曲『他人のそら似』。

前日の初日公演で初お披露目された曲だが、注目すべき点はダンスの振付。1stシングル『ぐるぐるカーテン』から27thシングル『ごめんねFingers crossed』までの、各シングルの特徴ある振付を全て盛り込み、昨日同様にファンを魅了した。

最後のライブとなる大園桃子は、「始まる前からすごく緊張していましたが、皆さんの熱気を感じられて、楽しんでライブが出来そうです!」とコメント。「桃子の5年間の集大成を是非観てください!」と、キャプテンの秋元真夏が背中を後押しした。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事