FOLLOW US

UPDATE|2021/02/06

日本で最も恐れられる雑誌、なぜ『週刊文春』ばかりがスクープを取れるのか?

スクープの裏側を追ったノンフィクション『2016年の週刊文春』(光文社)

政治家の金銭スキャンダルからタレントの醜聞記事まで、列島を震撼させるスクープを連発する『週刊文春』。その破壊力と影響力によって、いつからか“文春砲”と呼ばれるようになったのはご存知の通りだ。しかし、ここで素朴な疑問が浮かんでくる。「なぜ『文春』ばかりがスクープを取れるのか?」「他のメディアだって特ダネやスクープを血眼になって探しているはずなのに……」

そんな素朴な疑問を、自身もかつて文藝春秋の社員として『週刊文春』編集部に身を置き、昨年末に、スクープを追う男たちの姿を描いたノンフィクション『2016年の週刊文春』(光文社)を上梓した柳澤健氏にぶつけてみた。

     *     *     *

まず柳澤氏が『週刊文春』の大きな特徴として挙げたのは、「編集部内の空気が明るく、風通しがいい」という意外にもシンプルな点。だが、優秀な外部スタッフを確保するのには最も重要なことだという。

「何年も前から、週刊誌に勢いがなくなったと言われています。『週刊現代』や『週刊ポスト』はお年寄り向け雑誌に方針転換してすっかり元気がなくなっちゃったし、写真週刊誌の『FRIDAY』や『FLASH』は推して知るべし。そんな中、腕っこきの記者たちはどこに活動の場を求めるか? 『週刊文春』か『週刊新潮』しかない。どちらを選ぶかといえば、勢いがあって雰囲気も明るい『週刊文春』にみんな行きたがるんです」

媒体としての信頼度が高いこともポイントだと柳澤氏は強調する。「スクープの9割は内部リークというのが業界の常識」(柳澤氏)であり、政治家や大企業の社長など、権力者のスキャンダル記事には、もみ消そうという強い圧力がかかる。告発者が圧力にすぐに屈してしまうメディアにネタを持っていくことはない。

典型例として柳澤氏が挙げるのは、2012年に掲載された「小沢一郎 妻からの『離縁状』全文公開」。小沢一郎の愛人や隠し子の存在に加え、震災時には放射能を怖がって地元・岩手から逃げたということを告発した衝撃的な記事である。
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事