FOLLOW US

UPDATE|2020/04/03

処女のままデビュー、戸田真琴がAVの仕事を通して考えたこと

戸田真琴(撮影:松山勇樹)

昨年12月に処女エッセイ『あなたの孤独は美しい』(竹書房)を上梓し、本格的に執筆活動を始めたAV女優の戸田真琴。3月23日(月)には早くも2冊目の著書『人を心から愛したことがないのだと気づいてしまっても』(KADOKAWA)を発売した。

<人生において大切なたったひとつのことは、「あなたの孤独は美しい」という事実>と綴り、世間から浮いてしまった時、無理やり集団に混ざろうとするのではなく、孤独を肯定して自分自身を失わずに生きていってほしいと語る彼女のインタビューを3回連載でお送りする。

2回目のテーマは「AV女優」。19歳の時、出演AVで処女を喪失するという衝撃的なデビューを飾った戸田。彼女がAV女優という仕事を通して感じたこととは……。

【写真】戸田真琴の撮り下ろしカット【12点】

     *      *     *

AV女優になって後悔したことは、今の所はあまりないです。具体的にあるとしたら、美容院で職業を聞かれた時に言えなかったりするくらいかな。あとは昔の友達に会う時に、私がAV女優になったのを知っているのか知らないのか分からないのでなんとなく避けちゃうとか。AV女優になる前を知っている人と会うのは気合いがいりますね。

たまに同級生や昔の友達から、「ツイッターで見つけたよ」とか「頑張っているから応援するね」とか言われることがあります。大体はポジティブなメッセージなのでうれしいですね。

AV女優になったとたんに昔の同級生に口説かれた、とかって話をたまに聞きますが、今のところ私がAV女優になったと知って口説いてきた人はいませんね。もともとモテるほうではないのですが、そのうえ念のため恋愛対象にされにくくなるように意識しています。あまり女っぽくみられないように調整するというか…。親しい人との会話でもそうです。

思春期の時に、私にとってはフラットな行為であっても、相手の異性には好意を持っていると思われたことがありました。私は好きな人に対して、友達としての好き、頭が良いから好きなど、恋愛感情とは別の理由でもあまり良く考えずに「好き」と言ってしまうタイプだったんです。「好き」という感情は、今言わないとなくなってしまうかもしれないし、明日には言えないかもしれないから、なるべくすぐに伝えるようにしようと心がけていたんです。

でも、その好きがフラットには伝わらず、「じゃあ付き合おうか」という、恋愛としての「好き」としか捉えられないというか。今思うと私が悪いんですけど、そういう事故をしまくってしまったんですよね。それからは、なるべく(恋愛という意味に限らないよ、という)気持ちが伝わるように、さっぱりした感じで言うように努めてきたんですけど、その癖は今も抜けないですね。
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事