FOLLOW US

UPDATE|2022/09/15

「欲しいものが簡単に手に入ったらつまらない」飯豊まりえが明かす、地に足ついた人生観と家族への感謝

撮影/飯酒盃智明

2008年に『avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション』でグランプリを受賞し、翌年に『ニコ☆プチ』でモデルデビュー。以来、モデル・俳優・番組MCと活躍の場を広げてきた飯豊まりえ。声優としても2022年9月9日公開のアニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』で初主演の機会をつかんだ。順調に芸能界でのキャリアを歩んでいるようで、「欲しいものは簡単に手に入ってもつまらない。プロセスも味わいたい」と考える堅実な一面も明かす。「苦労は見せたくないんです」と力まず自然体で歩んできた彼女に、作品でのポイントや芸能の仕事への心構えを聞いた。(前後編の前編)

【写真】飯豊まりえの撮り下ろしカット【12点】

本作『夏へのトンネル、さよならの出口』がアニメ映画初主演となる飯豊。ヒロイン・あんず役はオーディションで射止めた。

「最初はスマホで録音したデモ音声での応募でした。そこからオーディションが進んで、スタジオで録音した私の声にブラッシュアップして審査していただく中で、この役をやりたい、という気持ちが強くなっていきました」
八目迷の同名ライトノベルが原作の本作は、高校生の塔野カオル(声:鈴鹿央士)と花城あんず(声:飯豊)が主人公。海辺の田舎町に暮らすカオルは、東京から転校してきたあんずと小さな駅で偶然出会う。学校でも顔を合わせた2人は、そこに入れば欲しいものが手に入るという噂がある『ウラシマトンネル』に興味を持ち、「共同戦線」を張り、噂を調べるうちに関係を深めていく。

あんずは容姿端麗で近寄りがたい雰囲気の持ち主。田舎町で浮き気味で、同級生からは「高嶺の花」のような彼女にはこんな印象も感じているそうだ。

「もしあんずが同級生として目の前にいたら? 彼女のような冷静沈着な人は個人的にはすごく気になるんですけど、あまり話しかけてほしくなさそうだったら、ちょっと声をかけるのはためらいますかね。」

あんずがウラシマトンネルに入ろうとするのは、特別な才能を求めてのこと。しかしもし彼女のように、望めば願いが叶うチャンスに恵まれたとしても願い事には執着しないと明かす。

「私もあんずのように才能が欲しいと思わなくもないですが、人生でも欲しいものが簡単に手に入ったらつまらないじゃないですか。何かにすがって手に入れるものではなくて、自分で叶えていくプロセスが人生の醍醐味であって、だからこそ叶った時の喜びや成果にも価値が増すと思うんです。だから、たとえ何の代償もないとしても私はウラシマトンネルには入らないかな」

AUTHOR

大宮 高史


RECOMMENDED おすすめの記事