FOLLOW US

UPDATE|2022/05/20

元お天気キャスター・貴島明日香、写真集で見せた素顔とお酒愛「飲酒グラビアは写真集だからこそ」

貴島明日香 撮影/荻原大志

2017年から今年4月に卒業するまでの5年間、『ZIP!』(日本テレビ)のお天気キャスターとして愛されてきた貴島明日香。今回、4月25日に2年間かけて撮影した1st写真集『あすかしき。』(小学館)を発売した彼女に、写真集に込めた想いと『ZIP!』出演を通しての変化を聞いた。(前後編の前編)

【写真】透明感にじむ、貴島明日香の撮りおろしカット【15点】

──1st写真集『あすかしき。』では中村さんほか、レスリー・キーさん、田口まきさんという3名のカメラマンが約2年間という時間をかけて撮影を担当しています。貴島さんにとって初めてのグラビア挑戦になった『週刊ビッグコミックスピリッツ』のアザーカットも収録されていますが、初めてグラビアのオファーを聞いたときはどう思いましたか?

貴島 率直に「私でいいのかな?」って思いました。ずっとモデル業をやっていたので、撮られることには慣れていたんですけど、グラビアとは縁遠かったですからね。沖縄での撮影当日もすごく緊張していたので、今見ると初々しさ、ぎこちなさがあるなと感じます。

──初グラビアはどういう心構えで臨みましたか?

貴島 モデル業はキメキメな感じで撮るので、自然体でいるにはどうしたらいいんだろうと思って、メイクさんとたくさん話して、リラックスするように意識して臨んだ記憶があります。カメラマンの中村和孝さんも、私が緊張しているのを分かってくれていたので、話しながら撮っていただいて、安心して身を委ねられることができました。

──レスリー・キーさんや田口まきさんとの撮影はいかがでしたか?

貴島 レスリーさんのクリエイティブな世界観の中で撮っていただいたカットばかりで、自分も演じるような気持ちで飛び込むことができたので全く緊張しなかったですね。田口さんとは北海道で撮影したんですけど、北海道に行きたいというのは、ずっと希望していたことだったんです。私は兵庫県出身で、あまり雪の降らない土地で育ったので、ふわふわの雪の中で撮影したい気持ちがあって。美瑛町という一面銀世界の場所に行けたのがうれしくて童心に帰ってはしゃぎましたし、田口さんに言われるがまま、いろんなポーズを取ったので、体も気持ちもほぐれて自然体な自分を出すことができました。

──温泉でのカットは、かなり大胆な姿も披露しています。

貴島 男性スタッフさんには外に出ていただいて、女性スタッフさんのみで撮影をしたんですけど、田口さんが明るく友達みたいに接してくださったのが大きかったです。田口さん自身がビショビショになりながら、「どんどんやっちゃおうよ!」と撮影してくださったので、すごく新鮮で。それに直前まで雪の中での撮影で、体が冷えていたので、めっちゃ気持ち良かったんです。お湯に浸かっているカットは、普通に温まっているんですけど、ちょっと猿みたいで気に入っています(笑)。

──お気に入りの衣装はどれですか?

貴島 表紙に採用された黒いドレスですね。背中が大胆に開いて、かなり脚も出しているんですけど、いやらしさがなくて綺麗だから気に入ってまいす。自分でもモデルらしさを出せたカットだなと思いますし、スタイリストさんから「この衣装は背が高い人だから似合うんだよ」と言ってもらえて自信になりました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事