FOLLOW US

UPDATE|2022/05/07

人気コスプレイヤーを直撃・奇跡の8頭身と話題に、米倉みゆ「IT企業の秘書を経てアイドルに」

米倉みゆさん(@0630_miyu_) 撮影/関根いおん

毎週、気になるコスプレイヤーの方にインタビューする連載企画「コスプレイヤーズファイル」。今回、話を聞いたのは、Twitterのフォロワー数21.2万人超えの人気レイヤー・米倉みゆさん(@0630_miyu_)。以前はIT企業で秘書を務め、その後所属したアイドルグループ【eN】では「奇跡の8頭身アイドル」として話題を呼んだ彼女に、学生時代の話からコスプレを始めたきっかけまでを聞きました。(前後編の前編)

【写真】「奇跡の8頭身アイドル」と話題になった、米倉みゆさんの撮り下ろしカット【13点】

──普段の仕事や活動について教えてください。

米倉 米倉みゆです! 2021年8月までアイドル活動していました。卒業後は自分のアパレルブランドを立ち上げてプロデューサーとして活動しつつ、先日までA-classというオートサロンのイメージガールとして活動していました。今は、自分でファンイベントを主催したり、撮影会やイベントコンパニオンなどをしています。コスプレは趣味です!

──アイドル活動の話が出ましたが、そもそもアイドルになったきっかけは?

米倉 芸能活動自体は10代からしていたのですが、当時はモデルや女優を目指していて、アイドルは可愛いなとは思っていましたが、なりたいとは思っていませんでした。実は私はオタクで、『ラブライブ』というアイドルのアニメにハマりまして、そんな時にアイドルの募集のツイッターを見て気になって応募したのがきっかけです。『ラブライブ』での推しは西木野真姫さんです(大声)!

彼女のイメージカラーが赤だったので、アイドルになってプロデューサーに何色がいい?って聞かれた時に「赤です!」って言いました。そしたらプロデューサーに「センターになりたいの?」って言われちゃったんですけど、センターになりたくて赤を選んだんじゃなくて、西木野真姫さんが好きだっただけなんです(笑)。

──そもそも芸能の仕事をするようになったきっかけは?

米倉 ビジネス系の専門学校に通っていた時に、表参道でスカウトされたのがきっかけですね。専門学校では、秘書検定取ったり、事務系の勉強をしていました。フォトショップなどもそこで身につけました。芸能界に入ったといっても、平日はOLとしてIT系企業で秘書をやり、土日でコンパニオンやモデルをやるっていう感じでした。会社を辞めたタイミングでアイドルになったって流れですね。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事