FOLLOW US

UPDATE|2022/05/09

若月佑美が明かす家族愛「ハグ&おんぶをするくらい仲良しで周りから不思議がられます(笑)」

若月佑美 撮影/山田健史 ヘアメイク: 沼田真実 スタイリング: 角田かおる

窪田正孝が主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織役で出演し、ドラマ版が好評を博した『ラジエーションハウス』シリーズ。4月29日(金)より全国公開された『劇場版ラジエーションハウス』には若月佑美が出演し、お腹の子の健診で甘春総合病院へ向かう道中で交通事故に巻き込まれてしまう女性・高橋夏希を演じる。今回若月に、作品への思いや撮影を通して感じたこと、「家族」という存在に対する考えなどを語ってもらった(前後編の前編)。

【写真】『ラジエーションハウス』に出演している若月佑美、撮り下ろしカット【16点】

──まずは人気作『ラジエーションハウス』シリーズへの出演が決まった時の心境をお聞かせください。

若月 お話を聞いてびっくりしました。人気のあるドラマの劇場版に出演させていただけるのはすごく光栄なことだなと思いましたし、役柄的にも重要で素敵な役だったので、身の引き締まる思いでお受けしました。

──ドラマのレギュラーキャストの方はすごく仲良しな印象がありますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

若月 すごいですよ。皆さん、スイッチの切り替えがすごすぎると思うくらい。カメラが回ってない時は、和気あいあいとノリツッコミやボケ合戦が巻き起こるようなすごく明るい現場だったんですが、本番になるとビシッと緊張感のある医療現場になるんです。とても楽しく、面白い現場でした。

──レギュラーキャストの方とお話はされましたか?

若月 私の役は、本番では集中治療室に入っていることが多かったので、壁を1枚隔てて共演させていただいていてお話はできなかったんですが、撮影前には結構お話をさせていただきました。皆さんの明るさにすごく救われましたね。ゲストとしての参加だったし、皆さんが大先輩ということもあって、やっぱり緊張していたり、うまく話せるかなと正直思っていたんですが、そんな心配を皆さんがとってくださいました。

山口紗弥加さんとは『共演NG』という作品以来の久しぶりの共演でしたし、浅野和之さんも舞台でご一緒させていただいていたので、お話できてうれしかったです。

浅野さんは私によく話しかけてくださったんですが、現場では浅野さんがいじられキャラのようなところがあったので、私に話しかけている姿に皆さんが「なに若い子に話しかけてるの」とツッコんだりしていて、仲間に入れてもらえた感じがしました(笑)。

AUTHOR

山田 健史


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事