FOLLOW US

UPDATE|2022/01/14

山内瑞葵らAKB48若手メンバーによるフレッシュコンサートが開催「私たちが先頭に立っていけるように」

「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」 (C)AKB48

ドラフト2期生の馬嘉伶、16期生、ドラフト3期生といった総勢28名のAKB48「若手メンバー」で構成された「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」が、1月13日(木)にパシフィコ横浜で開催された。

【写真】「新春!AKB48フレッシュコンサート2022~冬もやっぱりAKB!~」のライブの模様【12点】

前座では、1月10日(成人の日)に成人式を行った山内瑞葵ら新成人5名による『すべては途中経過』や、前日12日に開催された「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦決勝大会」の出場メンバー、田口愛佳・浅井七海ら4名による『泣ける場所』を披露し、会場を温めた。

この日のために用意された新衣装でメンバー全員が登場し、『Baby!Baby!Baby!』でコンサートがスタート!『Seventeen』『そばかすのキス』『大騒ぎ天国』と若さ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスで、会場のテンションも一気に上昇。MCタイムでは、急遽出演が決まった西川怜と永野恵が挨拶。

今年3月中のAKB48卒業を発表した西川は「出ることができて嬉しいです!」と笑顔を見せた。ここでしか見られないユニットが続々登場!ミニ寸劇などユニークな演出も『青空カフェ』『MARIA』など6曲を披露し、稲垣香織・原案によるミニ寸劇「AKB48を超える伝説のアイドルグループ誕生までの物語」が開演。

稲垣の独特なペースで展開するコミカルな演技で会場を盛り上げた。ドラフト3期生による『清純フィロソフィー』を筆頭に、16期生・ドラフト2期生メンバー&馬嘉伶と、加入期ごとのメンバーパフォーマンスが続く。

『ByeByeBye』『純情主義』など4曲も立て続けに披露し、会場のボルテージも最高潮に。終盤は『黄金センター』『法定速度と優越感』などの人気曲5曲をノンストップでパフォーマンスした。山内が「(次の曲を)こんなに大きなステージで披露させていただけることがすごく嬉しいです!」と感極まりながらも挨拶し、シングル初センターを務めた楽曲『失恋、ありがとう』を披露した。

アンコール1曲目は『根も葉Rumor』。全力の“どえらいダンス”で最後まで魅せた。『恋人いない選手権』『ファースト・ラビット』を披露し、浅井が「この瞬間、私たちのできる全力を出そうと頑張ってきました。この景色に感動しました。先頭に立っていけるメンバーが増えるように頑張ります!」とフレッシュメンバーを代表してコメント。

最後は『少女たちよ』でフレッシュコンサートは終幕を迎えた。昨年の12月に組閣が発表され、フレッシュメンバーの中から田口と浅井が次期チームキャプテンとなる。フレッシュさの中にも、新チームへの期待と覚悟を感じさせた若手メンバーたちによるステージ。会場は大きな拍手で満ち、すべてを出し切ったメンバーは晴れやかな笑顔でステージを後にした。

【あわせて読む】AKB48岡田奈々が四度目の正直で「歌唱力No.1女王」に、“優しすぎるセンター”が見せた新たな姿

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事