FOLLOW US

UPDATE|2021/10/22

“令和のハイレグプリンセス”林田百加の原点「挑戦しないで夢を諦めたくなかった」

林田百加 撮影/荻原大志

“令和のハイレグプリンセス”の異名を取り人気を博す、林田百加。黒髪パッツンの清楚系ビジュアルで突如グラビア界に舞い降りた彼女のパーソナルに迫る。(前中後編の前編)

【写真】林田百加のピュアな魅力に満ちた、私服撮りおろしカット【15点】

──昨年8月に1stイメージDVDの『ピュア・スマイル』をリリースし一躍注目を集めましたが、その前から芸能活動は行っていたんですか?

林田 女優になりたいと思っていて、大学入学と同時に芸能スクールに1年間通っていたんです。その関係で、今の事務所に昨年3月に所属させていただくことになって。初めてのお仕事は「ミスジェニック2020」(※「ミスジェニック」は2019年2月に始まった「動画映えする次世代アイドル」を発掘する賞レース)で、それが大学2年生になるタイミングでした。

──女優になりたいというのはいつ頃から描いていたんですか?

林田 小さい頃からドラマや映画を観るのが好きで、漠然と女優さんに憧れていました。小学生ぐらいから芸能活動をしたいなと思っていたんですけど、両親が厳しくて反対されていて。でもこのまま挑戦しないで夢を諦めるのは嫌だなと思ったので、大学進学を機に勝手にスクールのオーディションに応募して(笑)。合格してから「学費は自分で出すし、1人暮らしも始めるから」と両親を説得して、芸能スクールに通いだしました。

──ものすごい決意で通い始めたんですね。芸能界以外の夢はなかったんですか?

林田 普通に就職するなら化粧品会社など美容系に興味がありました。でも自分が会社員として働いているイメージがしっくりこなさ過ぎたんです。それに、就職はいつでもできるけど、芸能は若いうちに始めた方がいいかなと思ったんですよね。

──芸能スクールでは演技中心の授業だったんですか?

林田 そうですね。週5でレッスンがあって、自分で言うのもなんですけど成績が良かったんです(笑)。卒業審査で芸能事務所の方々が200社ほど集まる場があって、舞台で40秒間の演技を発表して、そこで事務所さんからお声をかけていただくんです。そのときに私は90社ぐらいから声をかけていただいて、その期では1位か2位の成績でした。

──90社! スクールに通うまで演技経験はゼロだったんですよね?

林田 そうですね。劇団にも入ってなかったですし。「演技をやりたい!」って一心で通っていました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事