FOLLOW US

UPDATE|2021/10/14

女性からも圧倒的支持・三上悠亜が語るファンと私「ありのままの自分を見てほしい」

撮影/coto

アイドルとしてデビュー後セクシー女優に転身し、圧倒的な人気を誇る三上悠亜。2019年からはアパレルブランドのプロデュース、先日開催された「関西コレクション 2021 A/W」にも出演するなど、女性からの支持も厚い。セクシー女優としてだけではなく、ブランドやK-POPグループのプロデュースなどジャンルレスに活躍する彼女に、デビュー時の決意や仕事論、結婚論について聞いた。(4回連載の1回目)

【写真】「ありのままの自分を見てほしい」三上悠亜の撮り下ろしカット【10点】

     *     *     *

──幅広い層から支持されている三上さん。女性ファンが多いことにも驚かされるのですが、これはなぜだとご自身で分析していますか?

三上 私はデビューしたタイミングでInstagramやTwitterを始めましたけど、将来的にプロデュース業もやりたいという夢をすでに持っていたんです。だからインスタなどは特に女性でも楽しめるような内容にしようと考えていたんです。具体的にはコスメ情報を載せたり、ブランドのタグ付けをしたりといったことですよね。おそらく当時そんなことをやっている女優さんはあまりいなかったと思う。だから新鮮に映ったというのはあるかもしれません。

──女性のファンも三上さんの作品を見るんですか?

三上 見てくれるんですけど、男性と違ってエロ目的ではないんです。どちらかというと、イメージビデオを眺めるのに近い感覚じゃないかな。実際、SNSに上がった写真を見るだけで満足するような女性も多いですし。「TikTokやYouTubeの三上悠亜が好き」という人は、私が着ている洋服とかメイク法に興味がある気がしていて。だから一般的な男性ファンとは少し違うでしょうね。

 あとこれは時代の変化なのか、男性ファンの方でもエッチなことを求めないタイプが増えている気がするんです。たとえば特典会でお話すると、「悠亜ちゃんの作品は見ることができない」と言う方がいるんですね。作品を見ると男優さんに嫉妬しちゃうらしいんです。

──アイドルでいうところのガチ恋みたいな感じですかね。

三上 どうなんでしょうね。売上に貢献したいから購入はするけど、封は開けない。それこそ握手券がついているアイドルのCDみたいに、複数枚を買ってくださる方もいますから。もちろんこちらとしては、とてもありがたいことですけど。
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事