FOLLOW US

UPDATE|2021/09/16

乃木坂46 賀喜遥香「自分が生きた中での精一杯を」新センターの意気込み語る

乃木坂的フラクタル 新TVCM発表会

乃木坂46の賀喜遥香が9月16日、都内で実施された「乃木坂的フラクタル 新TVCM発表会」に秋元真夏、齋藤飛鳥、北野日奈子、梅澤美波、遠藤さくらと一緒に登場。センターになった意気込みやグループに関するトークを展開した。

【写真】秋元真夏、齋藤飛鳥、北野日奈子、梅澤美波、遠藤さくらら発表会に登場した乃木坂46メンバー【16点】

「乃木坂的フラクタル」は、“キミだけの乃木坂46をプロデュース”をコンセプトにしたスマートフォン向けゲームアプリ。乃木坂46のプロデューサー目線で、歴代衣装や楽曲をコレクションして自由にカスタマイズし、理想の乃木坂46を作り出すことができる。

体験プレイをすることになった賀喜は、どんなライブをしたいか聞かれて「『あ、かわいい!』みたいなザ・アイドルの演出をしたい。なので皆に猫耳とかつけたい。『イヤだ』って言われたら犬にします」とほほ笑んだ。さらに賀喜は、ゲーム内センターポジションを秋元に。秋元が「ビックリ。めっちゃ意外でした。飛鳥とかさくちゃんとかかなと思っていた」と笑顔を見せると、斎藤は賀喜に「真夏でいいの……?」と問いただす一幕も。報道陣の笑いを誘った。

28thシングル「君に叱られた」でセンターになった賀喜。センターに選出された気持ちを質問されて「センターという場所が、グループにとってどれだけ大切な場所かずっと見てきて分かっていた。緊張もあるけど、大切な場所だからこそ、自分が今まで生きた中での精一杯を出さないといけない。もっとがんばろうとあらためて思った」と意気込んだ。

他方、梅澤は“叱られたいメンバー”を問われて賀喜を指名。「ドスの効いた感じで、ガッチガチの関西弁で叱られたい」とおねだり。賀喜は照れ笑いを浮かべていた。

乃木坂46のメンバーが出演する新TVCM「齋藤飛鳥」篇は、9月17日より放送がスタートする。

【あわせて読む】乃木坂46 高山一実が真っ直ぐ突き進んだ10年間とグループに残した"温かさ"

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事