FOLLOW US

UPDATE|2022/01/12

『そこ曲がったら、櫻坂?』新年早々大笑いのすごろく大会、バラエティでも自信を確信に

アイドル番組定点観測 第150回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第150回となる今回の観測期間は2021年12月28日(火)~2022年1月10日(月)。

【関連写真】熱狂と興奮の櫻坂46「BACKS LIVE!!」ライブ写真

   *     *     *

タイトルで引用した「自信を確信に」という言葉は、22年1月9日(日)放送『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)における櫻坂46・小池美波の発言。どんな年にしたいかと聞かれ「グループのメンバー1人1人が去年の1年間ですごく自信を付けたのかなと思うので、それが確信に変わる年になればいいなと思います」と小池が回答したのですが、今回はこの番組の話題から。

新年1発目の放送となったこの回は、メンバーが5つのチームに分かれて「2022年新春 櫻坂46 すごろく大会」を開催。チーム全員で同時にジャンプした写真を撮る「セルフタイマージャンプ」や制限時間内にすべて正解できればクリアの「1分間神経衰弱」など数々のミニゲームに挑戦しましたが、みんなキャッキャとはしゃいでいて楽しかったですね。特に「座布団早抜きリレーバトル」は齋藤冬優花の執念の大逆転もあって大盛り上がり!

一方、藤吉夏鈴が「フリスビーキャッチボール」「座布団~」「セルフタイマーかくれんぼ」で3回連続ミスという失態。それでも(内心はつらかったかもしれないけれど)本人も周りもアハハと笑顔だったのが今の櫻坂46の状態の良さを表しているのかなと思いました。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事