FOLLOW US

UPDATE|2021/02/23

NMB48が“ナンバトル”で得た収穫とは? 劇場公演3クールを忖度なしで徹底レポート【写真18点】

2月19日(金)きゅんmart 撮影/東由樹

結成以来、チームN、チームM、チームBIIの3チームにわかれて劇場公演を行ってきたNMB48。メンバーの卒業や加入、そして組閣と呼ばれるチーム替えによって、チームのメンバーが変わることはあっても、その体制自体が変わることはなかった。だが、今年に入り、グループのさらなる活性化を目指そうと、そのずっと続いてきた体制にもメスを入れた。これまでのチーム制を解体し、全体を6つのグループにわけ、ガチバトルを開催するというのだ。

 争う種目は「劇場公演」 「配信イベント」 「ファン投票」の3つ。中でも大きな配点が割かれているのが「劇場公演」だ。「ENTAME next」では、結成当初からAKB48グループを追い続けてきたライターの犬飼華氏が全6グループの劇場公演を視聴、1クール分をまとめて忖度なしでレポートする。今回は、2月15日(月)から20日(土)にかけて行われた3クールの公演のレポートをお送りする。

【写真】楽屋での打ち合わせで真剣な顔を魅せるメンバーなど、東由樹が撮影した劇場公演の写真【18点】

     *     *      *

 2クールを終えたNAMBATTLE。トップを走るのはW1N-C。2位にきゅんmartが続いている。といっても、各チームが僅差で並んでおり、パフォーマンス次第では2位以下でも逆転が可能な得点差。3クール目は各グループの思いが爆発した。

■2月15日(月)W1N-C

 1位をひた走るW1N-C。この日も前半から飛ばしていく。3曲だけですさまじい汗の量だ。

 勢いだけではなく、細かな点まで抜かりはない。『まさかシンガポール』の「空」「日差し」という歌詞のところで、メンバーは天井を見る。空を想像しているわけだが、フィギュアスケートなら芸術点が入るポイントだ。

 リーダーの出口結菜は、「私たちなら素晴らしいパフォーマンスをお届けできる自信があります」と言い切った。1位を獲りたい。NMB48を最高のグループにしたい。ステージにはそんな情念が渦巻いていた。何より選曲とモチベーションが合致している(アンコール後に『フライングゲット』を入れなくて本当によかった)。なおかつ、振り付けは緻密な練習に裏打ちされている。繊細さも大胆さも備わっている。

 国内48の全メンバーはこの公演を観たほうがいい。

筆者採点:94
NMB48
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事