FOLLOW US

UPDATE|2021/02/20

東野幸治とみちょぱが芸能界の掟と師匠を語る、『劇場版ポケットモンスター ココ』CMに出演

みちょぱ (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokémon (C)2020 ピカチュウ プロジェクト

東野幸治とモデルの“みちょぱ”こと池田美優が、公開中の映画『劇場版ポケットモンスター ココ』の新TVCMとWEB動画「#ココのココにやられた」に出演している。CMは2月20日(土)より放映開始する。

【写真】『劇場版ポケットモンスター ココ』について熱弁する東野幸治とみちょぱ【12点】

CMは、東野幸治とみちょぱが『劇場版ポケットモンスターココ』を実際に鑑賞しているシーンから始まり、鑑賞後にそれぞれ劇中で最も印象深かった「#ココのココにやられた」場面を熱く語っている。「独り立ち」や「親子愛」、「団結」や「架け橋」など、普遍的なテーマを描く本映画に共感し、感銘を受けている姿に注目だ。

『劇場版ポケットモンスター ココ』では「ポケモンたちの掟」を破って、ポケモンが人間を育てるシーンがあることを受けて、東野幸治は芸能界の掟について「そんなないですよ。あいさつだけちゃんとしておけば、舞台の上とか本番中とかある程度許されるし、好きな人に嫌いって言っても許される世界なので、ある程度マナーを守っていたら別に問題ないです。(劇中の)ザルードの世界の方が厳しいです。その厳しいところで仲間を捨てて、ザルードが人間の子供を育てるというのはしっかりしているなと思うし、偉いなと思いました」とコメント。

作品のテーマである「独り立ち」「親子愛」について、池田美優は芸能界で自分の「親」だと思えるるのは「師匠である有吉弘行さんですかね。バラエティ番組は、有吉さんの番組に呼んでもらえることがすごく多くて、何か言ってもらえるわけではないですけど、芸人同士の掛け合いなどを見て学べたのは、有吉さんのおかげです」と語った。





【あわせて読む】みちょぱ、ミニスカドレスのオフショットが「足綺麗」「生脚美脚きゅんです」と話題に

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事