FOLLOW US

UPDATE|2021/01/24

十味がゼロイチの新グループ#2i2を語る「アイドルだからこそできることをやりたい」

十味 撮影/佐賀章広

ゼロイチファミリア、#ババババンビに続く2つ目のアイドルグループ#2i2(ニーニ)。昨年12月19日にサンリオピューロランドでライブデビューを果たし、この先の活躍に大きな注目が集まっている。メンバーの十味はグループの中で一番先輩。雑誌などで大きく活躍しているが、アイドル活動は#2i2が初めてだ。改めて結成のきっかけと、今後の野望について話を聞いた。

【写真】スラリと伸びた脚も美しい、十味の撮り下ろしショット【9点】

――#2i2結成のお話はいつぐらいにあったんですか?

十味 半年前(2020年半ば)ぐらいにお話をいただいて、前からアイドルはやりたかったんですけど、「十味以外は全員新人になるかも」と言われて、それは気まずくない? と(笑)。ただ自分はやったことのないことをするのが好きなので、やってみようかなと思いました。

――どうしてアイドルをやってみたかったんですか?

十味 アイドルをやりたいというよりはダンスをやりたかったんです。ダンス自体は小学1年生からやっていて、最初はヒップホップ系のダンスをやって、高校からジャズダンスを始めました。高校1年生のときから「踊ってみた」の動画も投稿していましたし、ずっとダンスをするのが好きだったんですよ。

――「踊ってみた」を始めたきっかけは?

十味 中学2年生ぐらいから「踊ってみた」を見るのが好きで、当時はボーカロイドやニコニコ動画の全盛期でした。ボーカロイドとダンスが好きだったので、必然的に「踊ってみた」も好きになりましたね。自分でも投稿したかったんですけど、中学生で動画を出すのは母親に止められていて。高校生になって許してもらって始めました。

――「踊ってみた」の投稿はいつまで続けていたんですか?

十味 大学1年生ぐらいまでです。ポートレート撮影のほうが好きになって、最後の方は投稿頻度も落ちて、活動をおろそかにしているうちにゼロイチファミリアに入りました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事