FOLLOW US

UPDATE|2020/12/22

NMB48吉田朱里、卒業公演レポート「アイドルをしている時間が一番好きでした」

(C)NMB48

NMB48吉田朱里の卒業公演が、21日(月)、NMB48劇場にて行われた。

【写真】最後の1期生となる白間美瑠と『卒業旅行』を歌う吉田朱里

当初は11月30日に開催予定だったが、自身の体調不良により延期となり、YouTubeチャネルなどで「アイドル留年中」と語りながら、活動を続けていた吉田。3週間後に仕切り直しとなった当公演は、吉田以外の出演メンバーも内容もシークレット。

劇場の幕が上がると、吉田は東由樹・石田優美・加藤夕夏・小嶋花梨・塩月希依音・安田桃寧と『LOVE修行』、『Seventeen』、『恋なんかNo thank you!』を披露。吉田は自身がプロデュースした7期研究生の「Will be idol」公演を“セルフカバー”して、出演してほしいメンバーに自ら電話で交渉したという裏話も明かした後、「ちゃんと踊るのは卒コン以来(約2ヶ月ぶり)。っていうか、卒業公演延期って何? 最後まで振り回してすいません!」と、ユーモアも交えながら謝罪した。

ユニットコーナーでは、安田と塩月が『となりのバナナ』、東・石田・加藤・小嶋が『エンドロール』、そして吉田がソロで『夢でKiss me!』をパフォーマンス。間奏のセリフで「ダ~メ! 卒業してからキスして?」と、10年間培ったアイドル力を発揮すると、観客はもちろん、安田も「キスしたくなっちゃいますよね~」とメロメロに。

再び7人で『Choose me!』、『制服が邪魔をする』、『最後のカタルシス』を制服衣装で披露し、ラストはデビューシングル『絶滅黒髪少女』で本編を締め括った。

アンコールで『らしくない』、『僕が負けた夏』、『待ってました、新学期』、『高嶺の林檎』の4曲をメドレーで届けると、Wアンコールでは、スクリーンに吉田のオーディションからの10年間の軌跡が写真で映し出された後、同期メンバーとして苦楽を共にしてきた白間美瑠と『卒業旅行』を時に目を合わせて歌い、最後は2人で手を繋ぎ、笑顔を見せた。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事