FOLLOW US

UPDATE|2020/11/23

#ババババンビの小鳥遊るいが語る、真面目一直線の優等生がアイドルに“就職”した理由

小鳥遊るい 撮影/佐賀章広 『月刊エンタメ』12・1月合併号(徳間書店)より

ゼロイチファミリアのアイドルグループ、#ババババンビの白色担当、小鳥遊(たかなし)るい。学生時代は進学校に通い、大学在学中も就職活動に勤しんでいたという優等生が、思い切って芸能界への道を歩み始めた、その理由とは…。(前後編の後編)

※前編<私が“アイドルオタク”になった原点>はこちらから

【写真】小鳥遊るい“清楚”&可愛さ大渋滞のピュアビキニ&制服姿

――大学在学中、地元のカフェで働いていたときに、SNSを通じてゼロイチファミリアの方からお話をいただき、この世界に入ったそうですが、ゼロイチファミリアのことは知っていましたか?

小鳥遊 事務所のことは知らなかったんですけど、コスプレイヤーさんも好きだったので、桃月なしこさんや十味さんなど、所属していた方は知っていたんです。

――安定した生活を望んでいたそうですが、どうして事務所にがいる決心をしたんですか?

小鳥遊 お話をいただいたときは、私なんかが芸能界で生きていけるわけがないと思っていたんですよ。でも就活で東京に来たときに、今は#ババババンビを担当してくださっている方と面談をして。いろんな話をさせていただく中で、「やりたい気持ちがあるんだったらサポートするから頑張ってみない?」と言っていただいて。その言葉に背中を押されたんです。あと就活中に感じたのは、安定を求めて大学に通っていたけど、このまま就職したら、他にやりたいことができて辞めちゃうんじゃないかなと。それに今までの人生で、中学・高校と自分の学力よりも高い学校に通うことができたし、目標を自分で設定して挑戦してきたことは叶うことが多かったんです。後で悔いを残したくないですし、だったら芸能もやってみた方がいいのかなって決心しました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事