FOLLOW US

UPDATE|2020/10/05

SKE48が12周年を記念したリバイバル公演を開催 斉藤真木子、大場美奈、江籠裕奈が心境を語る

SKE48 (C)Zest/AEI


「“この公演をやってください”とメンバーそれぞれに割り振られたことで、それに向かって一生懸命やる、その過程がとても自分たちのためになったなというふうに感じました。研究生じゃなければ、公演を新しく覚えたり、いくつものポジションを担当するような機会はなかなかないので。その部分では、初心に帰ったような気持ちで、みんなと一緒にレッスン場で何時間もレッスンしたり。自粛期間明けというのもあったからこそ、メンバーと久しぶりに会えたり、今日までの過程がSKE48を大きくしてくれたなと思います」と斉藤もメンバーの成長を実感した様子で、「SKE48は進化し続けていて、SKE48らしいパフォーマンスを観ていただけると胸を張って言えます!」と胸を張った。

3日間に渡り、過去12年間に劇場で行われた12の公演を現メンバーでリバイバルさせるという、SKE48史上初、最大かつ最長の配信LIVEフェス。リバイバル公演ということで、思い出の公演のユニットがどのメンバーで再現されるのかという予想や、ステージ照明の美しさもファンの方々の間で話題になっている。

自分がSKE48に入るきっかけとなった初めて観た公演に出演したり、憧れていた先輩のポジションを担当することになったメンバーも多く、ステージ裏の様々なドラマも公演中のMCで明かされ、やり切ったという充実感でステージ終わりに涙ぐむメンバーが続出という光景も。

10月5日(月)は、「私たちに公演をやらせてください!」というメンバーからの魂の叫びから生まれた「ラムネの飲み方」公演、2013年新チーム公演セレクション投票によって決定した「シアターの女神」公演の2公演に加え、「SKE48 12th Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜」のグランドフィナーレとして12周年特別ライブを予定している。

このライブはStreaming +、FanStream、LINE LIVE-VIEWINGといった配信プラットフォームに加え、JOYSOUND MAX GO設置のカラオケルームにて、大画面・大音量でライブ配信を楽しめる「みるハコ」でのライブ・ビューイングも今回新たに導入され、4つのプラットフォームで配信。このうち、FanStreamとLINE LIVE-VIEWINGではチケット販売受付中。アーカイブ配信も含めて視聴できる。

▽SKE48 Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭
特設サイト:http://12th.ske48.co.jp

【あわせて読む】SKE48 大場美奈 素顔に迫った2nd写真集が発売、自然体の美ボディの先行カットが公開【6点】

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事