FOLLOW US

UPDATE|2020/06/21

アイドルのまま結婚を発表したNegicco・Meguが語る「今のキモチと、3年後の夢」(後編)

Negicco・Megu

6月2日に、結婚することを発表したNegiccoのMegu。おめでたい報告にたくさんの祝福を浴びる中、今の心境を聞いた。

前編はこちら

Nao☆が結婚を発表したときには、その直後に新潟と東京でイベントを開催し、ファンに直接、報告をする形をとった。筆者もそのイベントに足を運んだが、ある意味、これがいちばん正しいやり方だと思ったし、このあと、他のメンバーが結婚することになったら、このフォーマットをそのまま踏襲すればいい、と思ったことを覚えている。

しかし、そんな大正解を知っていながら、このご時世ではイベントを開催することはできない。もともとアイドル好きであるMeguはファンへの寄り添い方を誰よりもわかっているだけに、なんとか自分の口から直接、報告できないものか、と考えていた。

そんなこともあって、6月28日(日)にMegu生誕祭「Megu 31st Anniversary〜変わらないモノはきっとこの胸の中に〜」と冠せられた有料配信イベントが開催されることとなった。トークだけでなくNegiccoとしてのライブも行なわれるこのイベントが、コロナ禍で彼女が出したひとつの答え、ということになる。

「新型コロナウイルスが騒がれるまでは、ありがたいことに毎週、ライブがあったり、お仕事で東京に行くような状況が続いていたんですけど、ここ数カ月はなにもできなくなってしまって。17年間、Negiccoをやってきて、こんなことはなかったですね。

最初はさすがに落ち込みましたけど、これって私たちだけの話じゃないんですよね。みなさん、同じ状況に立っている。いまはみんな大変だけど、みんなが元気でいてくれたら、また必ず会える日がやってくるじゃないですか!

だから私たちも元気を発信しなくちゃいけないし、いままではあまりやってこなかったYouTubeでの動画配信なども私たちから積極的に『こういうことをやってみたい』と提案するようになりました。それを見てくれた人たちの疲れた心を、少しでも癒すことができたら、と」

そしてMeguはそれをすでに実感していた。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事