FOLLOW US

UPDATE|2020/03/12

里崎チャンネルで可愛いと話題、フリーアナ袴田彩会さんに学生時代の話と理想のタイプを聞いてみた

撮影/松山勇樹


──ちなみに、袴田さんご自身は学生時代になにかスポーツを? 

袴田 運動神経はわりといいほうで、リレーの選手に選ばれるぐらい足も速かったんですけど、球技全般がホントに苦手で(笑)。卓球部だった中学時代も、副部長なのにずっと幽霊部員でしたし、高校では弦楽合奏部でずっとバイオリンを弾いていたので、体育以外でチームスポーツの経験はほぼナシです。いまある野球の知識も、ほとんどが東北放送に入社してから得たものですしね。

──とはいえ、母校である静岡高校と言えば、甲子園の常連校。青山学院大もロッテ・井口資仁監督をはじめプロ選手を多数輩出している名門です。

袴田 高校のときは文系クラスで野球部の子もたくさんいたから、応援は一生懸命してました。とくに戸狩(聡希)くんがエースだった常葉菊川に県大会の決勝で負けた高3の夏は、私もすごく燃えましたね。大学生のときも、当時つきあっていた彼氏がたまたま他大学の野球部員だったりはしたので、いまにして思えば、その頃から野球とは縁があったのかもしれません。

──つい先日、ネットで「【悲報】袴田さん、学生時代に彼氏がいた」と書かれていたアレですね!

袴田 (笑)。でもそれも、偶然そうだったというだけでそれ以上のことはないんです。仙台にいた頃も「野球選手からもよく誘われたりするんでしょ?」みたいなことはしょっちゅう聞かれましたけど、そういう対象として選手を見たことはホントに一度もないですし、実際、私モテないので(笑)。

──では、そんな袴田さんの思い描く理想の男性像というのは?

袴田 うーん、そうですねぇ。おつきあいする男性に望むのは、優しくて思いやりがあって不機嫌になっても表に出さないこと。あと食べることが好きなので、食の好みが合うっていうのも重要ですね。あ、それと欲を言えば、経済的な安定も……(笑)

──確かに大事ですね。このご時世、安定は(笑)。というか、その場のノリで聞いてしまいましたが、こんなに赤裸々にしゃべってしまって大丈夫ですか?

袴田 ど、どうですかね? でも、サトさんと一緒にやるようになってだいぶメンタルは強くなってきたので、大丈夫だと思います。ぜんぶホントのことなので(笑)

※連載2回目<袴田さんにアナウンサーになったきっかけを聞いてみた>はこちらから。


▽袴田彩会(はかまだ・あやえ)
1990年12月10日生まれ。静岡県出身。青山学院大を卒業後、13年に宮城・東北放送(TBC)に入社。1年目にして東北楽天のリーグ優勝・日本一を経験する。18年に退社後はフリーアナウンサーとして活動。19年5月からは実姉・葉加瀬マイと共同でYouTube『マイとアヤエの姉妹チャンネル』も運営する。Wikipediaの「嶋基宏(現・東京ヤクルト)のファン」との記載は、本人曰く「もちろん応援はしてるんですけど、昔もいまも“箱推し”です(笑)」。『里崎チャンネル』でみせる快活なトークは「仙台にいたときにサンドウィッチマンさんに鍛えてもらったおかげ」とも。

里崎
▽『プロ野球 里崎白書』
著者:里崎智也
定価:本体1,400円+税
発売日:3月2日
発行元:扶桑社
Amazonはこちらから

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事