FOLLOW US

UPDATE|2019/12/19

日向坂46クリスマスライブでサンタクロースに変身、アリーナツアー&東京ドーム公演&SG発売も決定

幕張メッセ国際展示場で行われた「ひなくり2019」


アンコールを受けメンバーは、Tシャツにスカートというラフな姿で再びステージへ。これまで一期生のみで披露してきた楽曲「誰よりも高く跳べ!」を二、三期生含む全メンバーで歌唱して観客を喜ばせた。

クールな表情が印象的な「期待していない自分」を経て、佐々木久美は「楽しくて涙が出そうなくらい。幸せな時間をありがとうございます」と感謝を述べる。また初日には、この日二十歳の誕生日を迎えた佐々木美玲をケーキでお祝いする一幕も見られた。

さらに日向坂46は本公演で、今後の活動に関する重大発表を行った。まずは主演ドラマ「DASADA」が日本テレビにて1月15日に放送スタートすること、ドラマとのコラボイベントが2月4、5日に横浜アリーナで開催されることを発表。続いて2月19日には4thシングルの発売が決定した。また2020年3月18日の広島公演を皮切りに、全国5都市を巡る「春のアリーナツアー2020(仮)」を行うことが明らかになった。

すべての発表が終わったかと思いきや、ここでサプライズVTRがスクリーンに映し出され、2020年12月6、7日に東京ドームで「ひなくり2020」が行われることがサプライズ発表された。驚きと感激のあまり泣き崩れるメンバーに対し、客席からは割れんばかりの歓声が送られる。キャプテン佐々木久美を始め、メンバー達はファンへの感謝の気持ちを涙ながらに伝えた。

サプライズに会場が大いに沸いたのち、彼女たちは最後に「約束の卵」を披露。未来へと力強く進んでいくメッセージを込めたこの曲で、「ひなくり2019」を締めくくった。

2020年も躍進を続ける日向坂46の活動から目が離せない。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事