FOLLOW US

UPDATE|2019/09/20

欅坂46、東京ドーム2DAYSに10万人が集結、アンコールは久しぶりの「不協和音」【ライブ写真】

撮影:上山陽介

MCコーナーでは再び二期生が登場。武元唯衣が自分たちにとって欅坂46はどういう存在かと投げかけ関有美子は「欅の儚さがすごい好きで、強い曲ももちろん背中を押してくれる曲もあるなって思います。二人セゾンが1番好きです」続いて松平璃子は「今回のツアーで『エキセントリック』に出させてもらって変わり者でもと前向きな言葉があって、その言葉に勇気をもらったり元気付けられたりしてます」井上梨名は「メッセージ性が強くて支えてくれる。パフォーマンスも組み合わさって大好きなグループです。」最後に武元は「『世界には愛しかない』が好きになったきっかけの曲です。すごい前向きになれて、聴きながら背中を押されて毎日学校に行ってました。」とそれぞれ欅坂46愛を語り、最後に加入して1年が経った心境を武元は「この一年だけでも少しは成長できたかなと思います! 何よりみなさん、スタッフの方、一期生の方が支えてくれました。二期生は前まではすぐ不安になって泣いたりもしていたけど、ネガティブなことだけじゃなくて、前向きな気持ちで活動できています。チーム欅坂の力になれるようにこれからも頑張っていきます。よろしくお願いします!」と意気込んだ。

スクラップ工場のさまざまな破片が落ちていく映像がスクリーンに映し出されると、ライブも後半戦へ。緑色の照明が場内を照らし、重厚感のある新制服に着替えたメンバーはデビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露する。5万人のファンを前に力強く前を見据えて踊る彼女たちに、客席から盛大なコールが送られた。直後ステージが暗転すると、落雷の音と共に「避雷針」のパフォーマンスへ。さらに早着替えから「アンビバレント」を畳みかけると、バルーンが客席を飛び交う中、コール&レスポンスで会場を一つにまとめあげていく。

その後も間髪入れずに「風に吹かれても」を披露し、ラストスパートをかけていくメンバー。アッパーなキラーチューン「危なっかしい計画」では小林由依が「もっと声出せるだろ!? 私たちも全力で楽しむから、お前らもついてこいよ!」と不敵な笑顔を見せ、それに応えるように観客がドームを揺らした。本編最後に届けられたのは「太陽は見上げる人を選ばない」。巨大なミラーボールが場内に光の粒を降らせる中、盛大なシンガロングが響き渡った。菅井が「欅坂46で本当に良かったと思ってます。また全員でここに戻って来たいと思います。私たちに期待しててください」と真摯に思いを伝え、メンバーはステージをあとにした。

アンコールを求めて鳴りやまない「欅坂46コール」を遮るように突如として流れ出したのは、ピアノの旋律が印象的な「不協和音」のイントロだ。長らくライブで披露されてこなかった楽曲だけに、ドームはどよめき交じりの歓声でいっぱいに。青を基調とした楽曲のオリジナル衣装を着たメンバーが登場すると、盛り上がりは最高潮に達した。熱狂の渦となった客席に鋭い視線を投げかけながら、メンバーは迫力に満ちたパフォーマンスを披露。ファンを歓喜させた。

さらに最終日には、ダブルアンコールでセンターステージに登場した平手がソロ曲「角を曲がる」を歌唱。5万人の視線を一身に受けながら、美しいダンスを披露し、最後は一礼でライブを締めくくった。すべてのアクトが終わり、欅坂46のロゴがスクリーンに大きく映し出されると、観客はこの日の熱演を称えるように盛大な拍手をステージに送った。2日間にわたる東京ドーム公演を大成功のうちに終えた欅坂46。今冬には初の選抜制度による9thシングル(タイトル未定)の発売を控え、ますます目が離せない。


▽欅坂46 全国アリーナTOUR 2019@東京ドーム
日程:2019年9月18日、19日 開場15:00 開演18:00

▽セットリスト
OPENING
OVERTURE
01. ガラスを割れ!
DANCE TRACK㈰
02. 語るなら未来を…
DANCE TRACK㈪
03. Student Dance
DANCE TRACK㈫
04. エキセントリック
05. 世界には愛しかない
06. 青空が違う
07. バレエと少年
08. 制服と太陽
09. 二人セゾン
10. キミガイナイ
11. もう森へ帰ろうか?
12. 僕たちの戦争
13. 結局、じゃあねしか言えない
14. サイレントマジョリティー
15. 避雷針
16. アンビバレント
17. 風に吹かれても
18. 危なっかしい計画
19. 太陽は見上げる人を選ばない
<アンコール>
20. 不協和音
<ダブルアンコール>(19日のみ)
21. 角を曲がる

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事