FOLLOW US

UPDATE|2022/08/13

SKE48を卒業・須田亜香里がアイドルを辞める理由「一人の女性として普通のことができない」

須田亜香里

今年の9月末にSKE48から卒業することを発表している須田亜香里。2009年11月にグループに加入し、3期生として、またチームEのリーダーとしてメンバーを牽引してきた。さらに、握手会の女王という異名を持つほど、ファンへの神対応が話題に。現在はバラエティ番組での活躍も著しい。30歳という節目で、10年以上続けてきたアイドルを辞めることを決意した須田に、今の気持ちを聞いた。(前後編の前編)

【写真】バラエティ番組と表情が一変、ライブ中の須田亜香里【10点】

──卒業発表からしばらく経ちました。卒業はいつ頃から考えていましたか?

須田 2年くらい前からです。ただ、その時点で考えていたのは、アイドルを辞めても大丈夫だと自信を持てるようになるにはどうしたらいいんだろうということでした。

──なぜ卒業へと心が傾いていったんでしょう?

須田 自分のやり方ではアイドルをやることに限界があるだろうと思ったんです。自分の人生と向き合った時に、タイムリミットが近づいているなって。どういうことかというと、一人の人間としての人生を考えたら、結婚したいという思いもあるし、親に彼氏を紹介してあげたいなとも思います。アイドルのままでいると、一人の女性として生きる上で普通のことができません。そのことに違和感を持ってしまったんです。

時代は変化しているから、アイドルも恋愛したっていいじゃないかという声もあるけど、アイドルはスキャンダルがないほうがいいんです。たくさんの方が惹かれる理由はそこにありますから。今までそれを守ってきましたし、これからもノースキャンダルに期待する方もいらっしゃると思うけど、私はそれを苦しく感じてしまって。

──アイドルを10年以上続けると、どうしても芽生える思いですよね。

須田 10年前はアイドルとして夢を追いかけるのが目標だったけど、今はこれからの人生をどうやって生きていこうかなというのがテーマです。これからを考えた時、30代って節目ですから。

ゆきりん(柏木由紀=AKB48)さんのような頑張り方は素敵だと思います。でも、私はまだまだ現役で頑張るという生き方は選べませんでした。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事