FOLLOW US

UPDATE|2022/06/28

女優・倉本清子、グラビア活躍時の葛藤を語る「求められていることがやりたいことと逸れていった」

2019年に和希沙也から改名した倉本清子 撮影/荻原大志

2000年代、「和希沙也」の芸名でテレビにグラビアにと引っ張りだこだった倉本清子。現在は女優として活動し、6月25日公開の映画『どうしようもない僕の ちっぽけな世界は、』に出演する。バラエティ番組での明るいキャラが印象的だった彼女だが、実は当時は本当の自分との乖離に、葛藤を抱えていたと明かしてくれた。(前後編の前編)

【写真】歳を重ねても美しい、倉本清子の撮りおろしカット【10点】

──芸能活動も12年目になりましたが、そもそも最初はどうして芸能界に入ったんですか?

倉本 私の芸能界入りは遅くて、19歳のときでした。将来何をするか決めていなかったので海外留学から帰って、さて何しようかなというときに母から「ホリプロスカウトキャラバンがあるよ」と勧められて。芸能界に全然興味はなかったのですが、母が「1回だけ受けてみようよ」と積極的で(笑)。受けたところ、事務所の方に声をかけていただいて、2001年にホリプロ大阪に所属しました。大阪は実家から通える範囲だったし、せっかくもらったチャンスなので勉強しながら、ちょっとだけやってみようかなと思っていました。流れに身を任せてという感じですね。

──その後、1万5000人の中から「ミスマガジン2002」のグランプリに選ばれました。

倉本 ヤングマガジンの編集の方から「ミスマガジンというのがあるから、受けてみたら?」と言ってくださって。なんとなくオーディションを受けて、そこでグランプリをいただきました。グランプリ受賞は東京から滋賀の家に帰る新幹線の中で聞いたんですけど「ああ、そうなんだ」と、何だか自分のことじゃないみたいな感覚だったのを覚えています。

──中川翔子さん(ミス週刊少年マガジン)と安田美沙子さん(ミスヤングマガジン)を抑えてのグランプリですしね。しかも、当時はグランプリの景品として自動車が送られたんですよね?

倉本 そうです、トヨタのノア! あの頃はグラビアシーンの景気が良い時期だったんでしょうね。海外にもいっぱい、いろんなところに連れて行ってもらいました。撮影期間もすごく長くて、海外ロケのあとみんなで遊んでいましたし(笑)。ミスマガジンのみんなも仲が良かったです。

──めちゃくちゃいい時代ですね(笑)。特に思い出に残っていることはありますか?

倉本 『ロード・オブ・ザ・リング』のプレミア上映会がフランスであったときにヤングマガジンの企画で取材に行かせていただいたんですよ。今じゃあり得ないんですけど、現地ではイライジャ・ウッドさんなどに直接ご挨拶をさせていただきました。その後、スタッフさんたちと一緒にあっちこっちフランスを観光して、美味しいものを食べて……贅沢でしたね(笑)。

──水着グラビアに抵抗感はなかったのでしょうか?

倉本 時代柄もあってそこは全然なかったですね。水着もだいたいオレンジか黄色で、太陽の下で笑って楽しくやらせていただきました。当時、グラビアでは髪の長い子が多かったですけど、私は珍しくショートカットで別枠みたいな感じでしたね。

──確かに和希さんといえば、明るく元気なギャルというイメージでした。一方で、読書家で当時のアンケートの好きな本にはオグ・マンディーノの『幸せを探す日記』を挙げていたりと、少し違った一面ものぞかせています。ご自身的に“明るく元気”というのはもともとの性格なのか、演じていたのかではどちらだったんですか?

倉本 自分の性格はそんなに明るくないと思うんです。実はそんなにキャピキャピして生きてきてないし(笑)。ただ、グラビアでも笑顔の写真を選んでいただけることが多かったので、そこから少しずつ元気なイメージが定着していったような気がします。若かったからできたと思うんですけれど、当時も自分の気持ちを持ち上げてやっていましたね。

──自分の中で、ギャップを感じていらっしゃったんですね。

倉本 ただ、明るいキャラを求められて仕事の依頼をしていただいている分、それを全うしなければいけないという責任感はありました。自分の中で葛藤はずっとありましたね。

CREDIT

取材・文/徳重龍徳 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事