FOLLOW US

UPDATE|2022/06/10

SNSで爆発的人気「パルフェット」デザイナーに聞く、“売り切れ続出”競泳水着誕生秘話

「Pharfaite」(パルフェット)の「カフェメイドスイムウェア」

アナタはSNSを中心に多くのコスプレイヤー、モデルから愛されているボディアクセサリーブランド「Pharfaite」(パルフェット)をご存知だろうか? クラウドファウンディングでは目標金額の7倍である350万円を集めたガーリーなのにセクシーな拘束具のようなランジェリー「レースリミテーション」や、スタイルがよく見えると話題の競泳水着「ハイネックバインダー」など個性豊かなアイテムは2.5次元モデル・あまつまりなやグラビアアイドル・名取くるみらが愛用し、今なお商品は売り切れ続出と人気を集めている。今回、そんな「Pharfaite」のデザイナー・鳴海ゆいさんにブランド立ち上げからデザインのこだわりまで話を聞いた。

【写真】自身もコスプレイヤーとして活動、デザイナーの鳴海ゆいさん【13点】

──「Pharfaite」を始めたきっかけから教えてください。

鳴海 私は元々オタクで、10年ほど前にコスプレイヤーやモデルとして活動していたんです。最初はキャラクターのコスプレから始まって、徐々に自分のスタイルを活かせるコスプレもしてみたいと思ってセクシーな衣装も着ていました。ただ、その当時、今と比べて可愛い衣装が全然なくて。そこで、自分で衣装を作りだして、周りからもその衣装を「着てみたい」と言っていただけるようになったのが「Pharfaite」立ち上げのきっかけでした。

──10年前だと現在に比べてコスプレはまだマイナーな時代でしたよね?

鳴海 そうですね。キャラのコスプレ衣装は今と比べるとクオリティの低いアイテムが多かったし、グラビアでも衣装のバリエーションがなくてみんな分かりやすい三角ビキニばかり着ていました。もう少し可愛いデザインがあれば、水着でもセクシーすぎず着やすくなるんじゃないかな……って思って衣装を作り始めたんです。

──デザインの勉強は元々していたんですか?

鳴海 いや、全くしていないです。コスプレをやり始めてから衣装を作り始めたので、当時は全然関係のない大学に通っていました(笑)。

AUTHOR

森川 まゆ


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事