FOLLOW US

UPDATE|2022/06/04

生田絵梨花が日本初演ミュージカル『MEAN GIRLS』で単独主演に決定「心がときめきました」

生田絵梨花

生田絵梨花が2023年1月より東京建物Brillia Hallにて上演されるブロードウェイミュージカル『MEAN GIRLS』の単独主演を務めることが決定した。

【関連写真】乃木坂46・生田絵梨花が袴姿で見せた「かわいい一面」と「カッコイイ一面」

本作は、アフリカで生まれ育った主人公ケイディが16歳で初めて、学校に通いスクールカーストトップの女の子たちと過ごす中で、キラキラした笑顔の裏に隠された弱肉強食な女の子の世界に触れ、大切なことは何か学んでいく、2004年にアメリカで制作された映画『MEAN GIRLS』をミュージカル化した作品。

2018年にブロードウェイで開幕し、キャストの大半が20代という若く、パワフルで勢いのあるカンパニーとして注目され、同年のトニー賞では作品賞、主演女優賞、脚本賞など、最多の12部門でノミネートされている。今回、英語圏以外のインターナショナル・プロダクションとして日本版初演を上演する。

主演ケイディ・ヘロン役の生田絵梨花は「2018年のトニー賞でノミネートされたこの作品。当時、授賞式の番組中継のナビゲーターをさせていただいていた私は「いつか『ミーンガールズ』やりたい!」と発言していました。まさか叶う日が来るとは…。4年前の自分に報告してあげたいです。実際ブロードウェイに観に行き、これまで自分が関わってきた作品とはまた違うポップさやキュートさに心がときめきました。日本版『ミーンガールズ』、皆さまとどのように作っていけるのか、今から楽しみです!」とコメントしている。

【あわせて読む】元乃木坂46・井上小百合が語る女優業「好きと得意は違うけど、好きだからこそ挑戦したい」

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事