FOLLOW US

UPDATE|2022/05/26

「レスラーの枠で収まるつもりなんてない」スターダムの傾奇者ウナギ・サヤカ天下取りの野望

ウナギ・サヤカ 写真提供 スターダム



まさに「これより我ら修羅に入る」的な決意から、城門突破の一騎駆け的な勢いを感じずにはいられない決意表明だが、さらにキセル予告ばりの激アツ発言も飛び出した。

「もうね傾奇者といえば前田慶次じゃなくてウナギ・サヤカ! と呼ばれる存在になりたいんですよ。

ぶっちゃければ前田慶次という人は実在したけれども、傾奇者としての姿を目撃した人はいまや誰もいないし、本当に傾奇者が存在したかどうかはわからない。つまり前例がないから、そこを目指す道はとにかく自由なんです! それに私がいう傾奇者はプロレスの世界に限ったものじゃないですから。プロレスラーの枠で収まるつもりなんてまったくないし、自分で言うのもなんですけど、きっと私の絶頂期ってこの先にあると思うんですよ。その姿をすべての人に見せたいんです。

結局、どんな手を使っても勝ったら勝ちなんですよ。まぁ、時にはやりすぎて会社に怒られることもありますけど、それはもう海よりも深く反省しつつ(苦笑)、誰もやらないんなら私がやりますよ、と。こんな私でもあきらめなければやれる、ということをリングで見せれば、いろんな人の心を動かせると思うんですよ。若い女性だけじゃなくて、おじさんの心だって動かせる。年齢的にもいつプロレス人生が終わってもおかしくないわけで、もう周りからの評価なんてどうでもいいんです」

もはや思考的には完全なる令和の傾奇者、である! 究極の夢として自身がテーマのパチンコ台『Pウナギ・サヤカ』を出すこと、とも語っていたが、プロレスの世界で道を究めれば、あながちそれも夢物語ではないかもしれない。そう、まずはいくさ人としてプロレスの世界で天下を獲らなければ話ははじまらない。

「以前の私がそうだったように今の女子プロレスを見たことがない人ってたくさんいると思うんですよ。絶対にスターダムを見てもらえれば好きになってもらえる自信はあるので、その入り口になりたいですね。最初はそれこそエッチな目線でもいいんで、まず試合を見てもらいたいです。

人生は一回限りだし、プロレスラー人生も一回。こうなったら今年は他団体にもどんどん出ていって食い尽くしたいと思うし、ウナギ・サヤカの名前が入ってるだけでチケットが売れるようなプロレスラーになりたい」

インタビューを終えたウナギ・サヤカは「結構、たくさんしゃべりましたけど、よくよく考えたら、あんまりプロレスについて語っていないような気がする」といって笑った。

だが、それがいい!
AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事