FOLLOW US

UPDATE|2022/05/21

大食いタレント三宅智子が語るフードファイター前夜「中学生で食欲に歯止めが効かなくなった」

三宅智子 撮影/松山勇樹

『元祖!大食い王決定』でエステ三宅の愛称で活躍していた、美人フードファイター三宅智子。現在、大食いYouTuber、大食いタレントとして活躍しながら子育てにも奮闘している。今回、大食いに目覚めた最初の記憶から、フードファイターとしてテレビに出るようになった経緯まで、“大食い人生”を振り返ってもらった。(前中後編の前編)

【写真】見ているだけでお腹いっぱい? 三宅智子のデカ盛りチャレンジショット【9点】

──大食い番組を中心に「エステ三宅」と呼ばれて大活躍していましたが、現在の肩書はタレントということになるのでしょうか?

三宅 「大食いYouTuber」と紹介されることが多いですね。テレビ出演は今でもたまにあるのですが、活動の主軸がYouTubeになっていますから。私のYouTubeチャンネルを登録してくれているのは30代~50代の方が多いので、YouTubeの平均視聴世代よりは年齢的に上かもしれません。現在は一児のママとして子育てに奮闘中です(笑)。

──そもそも生まれたときから大食いだったんですか?

三宅 赤ちゃん時代の記憶はもちろんないんですけど、「食事を出したら、出しただけ食べる子だった」とは親からよく言われました。自分が大食いだと自覚したのは小学校低学年のときかな。というのも学校の給食って異常に量が少ないじゃないですか。「みんな、こんなので本当に足りるの?」と不思議に思っていたんです。当時から早食いでもあったから、私は3分くらいで食べ終えていたんですけど、中には居残りしながら食べさせられている子もいて……。申し訳ないけど、そのへんの感覚が全然わからなくて。

──幼い頃から、すでに片鱗を見せていたということですね。

三宅 覚えているのは学校の通知表! 毎学期、あれに書かれていたんですよ。「もっとよく噛んで食べましょう」って(笑)。

AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事